日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  >  芸能人に侵食されるYouTube

宮迫&江頭インパクトの影響大!? 芸能人に侵食されるYouTube、ブログと同じ道をたどるか

文=日刊サイゾー

江頭2:50

 近頃、急激に増加しているのが、YouTubeの公式チャンネルを開設する芸能人だ。今年に入ってからは、ローラ、押切もえ、GACKT、熊田曜子らがスタート。さらに、闇営業騒動で謹慎していた宮迫博之がYouTubeで活動を再開、江頭2:50はチャンネル開設からわずか9日で登録者数100万人を突破した。

「以前は、YouTubeは素人がやるものという感覚もありましたが、キングコングの梶原雄太がYouTuber“カジサック”として成功したあたりから、流れが一気に変わりました。今後もYouTubeを始める芸能人はもっと増えていくでしょう」(メディア関係者)

 現在のYouTubeの状況は、かつて芸能人がこぞってブログを始めた頃と酷似しているという。

「ブログも最初は一般人が自分の意見や日常をつづるものでした。しかし、眞鍋かをりや中川翔子のブログが話題になったあたりから、徐々に芸能人が参入するようになった。その結果、一般人のブログに対する需要はなくなり、“ブログといえば芸能人のもの”となりました。今のYouTubeはまさに、芸能人が多数流入し始めた頃のブログとまったく同じ状況です。近いうちに“YouTubeは芸能人が情報を発信する場所”ということになるのでは」(同)

 また、宮迫と江頭のYouTube進出は、特にインパクトが大きい出来事だったという。

「宮迫さんは、よくも悪くも話題性がある。YouTubeに興味がなくても、宮迫さんの動向に興味がある人は多く、そういった層をYouTubeに連れてきた影響は大きいでしょう。江頭さんは、以前からネット上の“ヒーロー的存在”なので、何をやっても批判されないという特徴がある。そんな江頭さんがYouTubeを始めたとなれば、YouTubeそのものが肯定的に捉えられるようになるわけです。これまでYouTuberに対して懐疑的だったネットユーザーも、“エガちゃんがやるならアリだな”となる。YouTubeの好感度アップにつながっているんですよ」(同)

12

宮迫&江頭インパクトの影響大!? 芸能人に侵食されるYouTube、ブログと同じ道をたどるかのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

おぞましき医師のドキュメンタリー

 とんでもないドキュメンタリー作品を観てしま...…
写真
インタビュー

原田龍二が瓜田純士にラブコール!

はみだし者、という意味を持つ“アウトロー”。道なき道を行く彼らは、いつも孤独とともにあ...
写真