日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 下町ロケット編集にオファー殺到

『下町ロケット』総集編から新井浩文の存在を消した“神業”編集マンにオファー殺到

文=日刊サイゾー

TBS公式サイトより

 新型コロナウイルスの感染拡大により、4月期のドラマは撮影がストップ。軒並み放送延期となっている。

 今期の目玉とされていた『半沢直樹』(TBS系)もその一つ。穴埋めとして、2015年に平均視聴率18.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した阿部寛主演の『下町ロケット』総集編が4月5日から3週連続で放送されることとなった。

「4月12日に放送された第2夜では『ロケット編』が完結。ブレイク前の中村倫也が登場し、主演ドラマ『美食探偵 明智五郎』(日本テレビ系)の初回放送とまさかの“裏かぶり”していたことが、話題を呼びました。また『ロケット編』の本編には、強制性交罪で逮捕・起訴され、昨年12月に東京地裁に懲役5年の実刑判決を言い渡された新井浩文が重要な役どころで出演。しかし、2夜連続で新井のシーンは完全にカットされ、あまりに自然な編集に視聴者からは感嘆の声が上がっています」(テレビ誌ライター)

 みごと新井を消し去ったことで、業界内である人物への評価が急上昇しているという。

「あれほど登場シーンの多かった新井を、大胆な編集と一部CGを駆使しながらカットしていた。初見の人はもちろん、当時観ていた人も新井が出ていたことも気づかなかったのでは。まさに『神業』と言っていい仕事ですが、この作業を行ったのが、某有名制作会社の編集スタッフです。出演者がのちに不祥事を起こしても彼なら何とかしてもらえるとこれまで以上に信頼が上がり、ドラマ、映画界からオファーが殺到中だそう。ハリウッドまでが注目しているなんて話も耳にしましたが、すでに業界内では“伝説の編集マン”と呼ばれています」(業界関係者)

 あの名脇役が薬物で逮捕され、お蔵入りになった作品も伝説の編集マンの手にかかれば蘇るかも?

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/04/16 10:30

『下町ロケット』総集編から新井浩文の存在を消した“神業”編集マンにオファー殺到のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る
トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

セブンにファミマ、ローソン…コンビニ飯オススメは?

セブンにファミマ、ローソン、各社が外食チェーン顔負けの新商品を続々投入中。気になる消費を紹介
写真
特集

『旅サラダ』KAT-TUN・中丸を見守りたい

『朝だ!生です旅サラダ』の「発掘!ニッポン なかまる印」リポーター・中丸雄一の奮闘記
写真
人気連載

泉ピン子、どこまでがホントの話?

 昨年4月4日に95歳で亡くなった人気脚本家...…
写真
インタビュー

コロナ禍をサバイブするミニシアターの現状

 いま、ミニシアターが揺れている。ミニシ...…
写真