日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > Mステ「生放送中止」で厳しい状況

Mステ「生放送とりやめ」独自色を出すのが厳しい状況に追い込まれた各局の音楽番組

文=日刊サイゾー

タモリ

 テレビ朝日系『ミュージックステーション』が、今月いっぱい生放送を取りやめることになった。

 当初、17日の放送は司会のタモリと並木万里菜アナウンサーだけがスタジオに入る予定。しかし、同局系『報道ステーション』の富川悠太アナウンサーが、新型コロナウイルスに感染したことにより、急きょ措置がとられることになり、出演者やスタッフの感染リスクを回避するためにスタジオには誰も入れず、過去のVTRのみの放送で対応した。

『Mステ』では、2月28日の放送から無観客のスタイルにし、司会の2人とアーティストのみがスタジオに出演。関係者は、マスク着用・消毒・マイクの共有をしないなど対策を徹底し、“3密”にならないよう間隔を空けるなど気をつけていたというが、来週24日の放送も17日と同様のスタイルを取る予定。

 同局によると、5月以降は、感染拡大の状況を見つつ、リモート出演での対応などを検討していく方針だという。

「数ある音楽番組の中でも、『Mステ』に出演した場合は反響が大きく、今後、ブレイクを目指すアーティストが出演した場合の宣伝効果は絶大。生放送を取りやめたら、そんなチャンスもなくなってしまうが、このような状況だと仕方ないこと」(レコード会社関係者)

 一方、TBS系では3月末、アーティストたちの生ライブが売りの新音楽番組『CDTVライブ!ライブ!』がスタートしたばかり。しかし、TBSでは、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、現在、ドラマやバラエティー番組のロケやスタジオ収録などを見合わせることとなったため、生ライブの放送は難しくなってしまった。

「各音楽番組はそれぞれ特徴を打ち出していたが、今後は過去の映像はMVが中心。CSの音楽専門チャンネルと大差がなくなってしまうため、視聴率は落ち込んでしまうだろう」(同)

 コロナの影響で、各局の音楽番組も甚大なダメージを受けてしまったようだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/04/22 10:30

Mステ「生放送とりやめ」独自色を出すのが厳しい状況に追い込まれた各局の音楽番組のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

眞子さま、佳子さまの「乱」の行方

今週の注目記事・第1位「新聞・TVが報じない...…
写真
インタビュー

倉持由香&里咲りさセルプロデュース激論

 フローエンタテインメントで社長業をしながらアーティストとしても活動している里咲りさと...
写真