日刊サイゾー トップ > 海外 > 芸能(トンデモ)  > ジャッキー・チェン、再ゴミ認定

ジャッキー・チェンが香港・台湾からまたもや「ゴミ屑」認定! 「デス広告塔」の呪いを危惧する声も……

文=中山介石(なかやま・かいすけ)

ジャッキー・チェンのインスタグラム公式アカウント

 昨年、香港で「逃亡犯条例」への反対デモが活発化していた際、中国寄りの発言をして香港や台湾で大炎上したジャッキー・チェンだが、またもやSNSへの投稿が物議を醸している。 

 台湾メディア「自由時報」(4月14日付)などによると、ジャッキーは3日、インスタグラムで「中国加油(頑張れ)!世界加油」という動画付きメッセージを中国語と英語で投稿した。それに対し、中国人ファンからは「ジャッキー兄さん、ありがとう」「感動した、中国頑張れ!」などの感謝コメントが多数寄せられたが、一方で「彼が誰かを死なせる!」「彼の一言が災いをもたらす」といったコメントもちらほら見られた。これは、ジャッキーに「デス広告塔」という不名誉な称号があるからだ。

 世界的スターのジャッキーはこれまで数々の商品の広告塔を務めてきたが、期待する広告効果はほとんど得られていない。ファミコンもどきの中国産ゲーム機「小霸王」は、ジャッキーがイメージキャラクター就任直後に倒産。CM出演したビデオCD機(CD-ROMに動画や音声などを記録し、再生する機器)メーカー「愛多」は、創業者の胡志標氏が○○で逮捕され、2000年までに会社が倒産した。また、長年広告塔を務めた三菱自動車は、軽自動車の燃費偽装問題をきっかけに日産自動車が筆頭株主になっている。これらはほんの一例だが、こうした黒歴史があるだけに、彼らはジャッキーが中国や世界を応援していることに不安を感じているのだ。

 一方、香港や台湾での反応はかなり異なる。同紙の記事には「彼はゴミの中でも最も価値のない屑」「こんな虫けら報道しないでくれ」「武漢肺炎を宣伝してくれてありがとう。これで中国は終焉する」などといった強い批判や皮肉たっぷりのコメントが殺到した。

 世界のためにも、今回は「デス広告塔」が起動しなければいいが……。

中山介石(なかやま・かいすけ)

中山介石(なかやま・かいすけ)

1970年、神奈川県横浜市生まれ。日本の食材をハンドキャリーで中国に運ぶ傍ら、副業として翻訳・ライター業に従事している。

最終更新:2020/04/27 20:00

ジャッキー・チェンが香港・台湾からまたもや「ゴミ屑」認定! 「デス広告塔」の呪いを危惧する声も……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ第2波で芸能界も大混乱

新型コロナ第2波で芸能人も続々と感染…
写真
人気連載

渡部建、復帰番組が打ち切りへ

「週刊文春」(文藝春秋)に複数女性との品性下...…
写真
インタビュー

NHKドラマ抜擢の小川未祐

 3月27日夜10時~放送されるNHKの創作テレビドラマ大賞『ゴールド!』に出演する...
写真