日刊サイゾー トップ > 芸能  > 岡村隆史の炎上に油をそそぐレゲエ歌手

岡村隆史をかばったレゲエ歌手・MINMI、「女子の本音」代弁者を謳っていたのに大炎上のお粗末さ

文=日刊サイゾー
MINMIオフィシャルサイトより

 4月23日放送のラジオ番組『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)で、「(コロナが)収束したら、なかなかのかわいい人が短期間ですけれども、お嬢(風俗嬢)やります」と発言した岡村隆史が炎上中だ。

 岡村の発言に「生活に困窮して体を売らざるを得ない女性が現れることを期待するなんて悪趣味」「女性蔑視にもほどがある」と非難が集中すると、事態を重く受けとめたニッポン放送は、27日番組のホームページで「現在のコロナ禍に対する認識の不足による発言、また、女性の尊厳と職業への配慮に欠ける発言がございました」などと謝罪文を掲載した。

 ラジオ局サイドが動いたことで事態は収束していくかのように見えたが、ここにきてなぜかレゲエ歌手のMINMIが岡村を擁護する意見をツイッターに投稿し、火に油をそそいでいる。

 MINMIは「岡村さん炎上してるのとか 心狭いなぁと感じる」とつぶやき、「非道徳的?でもそれがある意味 社会にある男性の本能や本音じゃんね」と持論を展開した。これに対し、「当事者にとっては笑えない話なのに」「男性の本能なんて言い方は男性にも失礼なのでは?」と批判的なリプライが殺到し、SNS上で議論が再燃している。

「岡村さんは今ごろ『やめてくれ~』って頭抱えてるんじゃないですか(苦笑)。せっかくニッポン放送が火消しに動いたのに、まったく関係ない人に横から燃料投下されて炎の勢いは増すばかり。

 しかし、MINMIさんは『男性の本音』なんて言い方してましたけど、本音だとしてもそれを心の中だけに留めておくか、表に出して発言するかでは天と地ほどの差がありますからね。どんなことを思おうとそれは人の自由ですが、『この文脈で本音を吐き出したらマズイな』とか『こういう言い方すると人を傷つけるな』とか、表に出る人間なら考えることも必要でしょう」(中堅芸能事務者幹部)

 しかしMINMIは自身に寄せられた意見を意に介さず、「こうして失言について 討論してる間に 大切な事に目がむかないように ぼやかされてしまいますね」「考え、討論すべきは 日本の法改正↓」とつぶやくと、今度は「それはそれ、これはこれでしょ」「発言をぼかそうとしてるのはそっちでは?」などというツッコミが飛び交った。レコード会社に勤める広報のA氏は「彼女にも彼女なりの考えがあったはず」と述べる。

12

岡村隆史をかばったレゲエ歌手・MINMI、「女子の本音」代弁者を謳っていたのに大炎上のお粗末さのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

注目作が目白押しの秋ドラマ

大作、話題作、ダークホース……注目作が目白押しの秋ドラマをチェック!
写真
人気連載

西郷隆盛の“不思議ちゃん”な行動の意図

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

前田日明と「リングス」の曳航(3)

【「天涯の標」Vol.1はこちら】 【「天涯の標」Vol.2はこちら】 世界中にネ...
写真