日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 『テラハ』ビンスイに「キモい」

『テラスハウス』の“ビンスイ”がYouTubeで披露した自慰エピソードに「キモい」の大合唱

文=日刊サイゾー

TERRACE HOUSE TOKYO 2019-2020公式サイトより

 新たな“キモ系タレント”が誕生?

 目下、新型コロナウイルスの影響で、撮影や配信が休止となっている人気番組『TERRACE HOUSE TOKYO 2019-2020』(Netflix・フジテレビ系)だが、出演者で企業を経営するテラハ住人の“社長”こと新野俊幸さんが4月に開設したYouTubeチャンネルの動画に注目が集まっている。

「退職代行会社で社長を務める俊幸さんのインスタグラムには『新野・ビンスイ・俊幸』とありますが、これはテラハで同居するタレント・林ゆめのビール瓶を『間接キス飲み』した事件をきっかけに、『瓶吸い=ビンスイ』とスタジオの山里亮太が付けたあだ名です。さらに今回『ビンスイTV』という名のチャンネルをオープンし、1本目には視聴者からの質問に答えていくという動画をアップ。その動画では、自身の初体験が高3だったことや、好きな夜の体位が正常位だと赤裸々に語っており、再生数が30万回を超える注目を集めています」(テレビ誌記者)

 そんな社長の動画には、辛辣な意見が殺到しているという。

「4月29日の動画で社長は、自慰で発射した瞬間、部屋に親が入ってきた時のことを約10分間にわたって語っています。これらの動画に、ネット上では『キモい!』の大合唱となっているものの、一部では『マジで気持ち悪いんだけど見ちゃうから嫌いじゃないんだと思う』『きっしょ!って言いながら最後まで見ちゃった』という意見も。今は本編のテラハが休止しているため、文句を言いながらも社長の動画を見てしまう視聴者が多いのでしょう」(前出・テレビ誌記者)

 今後、テラスハウスに関連したキモ体験を披露すれば、人気タレント級の注目を浴びるかもしれない。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/04/30 21:00

『テラスハウス』の“ビンスイ”がYouTubeで披露した自慰エピソードに「キモい」の大合唱のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ第2波で芸能界も大混乱

新型コロナ第2波で芸能人も続々と感染…
写真
人気連載

【ネットフリックス】アメリカの人種差別

「時代を代弁する”俺たちの”コメディアンの登...…
写真
インタビュー

瓜田純士、田代まさしに去勢を提案!?

 マーシーこと田代まさし容疑者(63)が、覚せい剤所持の疑いで5度目(薬物では4度目...
写真