日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 吉本興業がヒカルを共演NGに

宮迫とのコラボが原因!? UUUMと業務提携した吉本興業が密かにヒカルを共演NG指定 

文=日刊サイゾー

雨上がり決死隊・宮迫博之

 吉本興業とUUUMが資本業務提携することが発表された。今後は、吉本所属タレントの公式YouTubeチャンネルを両者で共同運営していくという。

 HIKAKINや東海オンエア、フィッシャーズ、はじめしゃちょーなどの人気YouTuberを抱えるUUUMと、お笑い界の最大手吉本とのタッグ。裏にはどんな思惑があるのだろうか。

「UUUMとしては業績が下がり気味で、新たな人気クリエイターを生み出すのも難しくなってきている。もはや、自社でクリエイターを育成・発掘することは難しいと判断し、多くのタレントを抱える吉本にノウハウを伝授するビジネスに軸足を置こうとしているのではないでしょうか。

 一方吉本的には、とにかく芸人が余っている状態で、どうにかして彼らを有効利用したいと考えていたところ。そういう意味では、“下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる”の精神だとしても、自発的に動画をアップできるYouTubeはとてもいい表現の場になる。そこにUUUMのノウハウとブランドが加われば、かなり強力なものになりうるわけです」(メディア関係者)

 吉本とUUUMが協力関係になった中で、ある有名YouTuberが吉本から距離を置かれているという。

「ちょっと前の話なんですが、YouTubeのヒカルと某吉本芸人とのコラボ企画が持ち上がったんです。でも、吉本サイドがヒカルとの共演にNGを出したそうです。過去にはカジサックとヒカルがコラボしたこともありましたが、今後はコラボも難しいということでしょう。まあ、UUUMと業務提携をするわけだし、UUUM以外のYouTuberと吉本芸人とのコラボそのものがNGになっていく可能性もあります」(芸能事務所関係者)

 しかし、吉本がヒカルにNGを出した理由は、ほかにもあるようだ。

「ひとつは、ヒカルと“反社”の関係ですよね。ヒカルは過去に怪しげな情報商材ビジネスをやっていて、当時からの流れで今でも反社と繋がっているとの疑惑が根強い。昨年の闇営業騒動で反社にはかなり敏感になっている吉本ですから、万全を期すために回避した可能性も高いですね」(同)

 そして、現在YouTuberとして活動している雨上がり決死隊・宮迫博之の存在も、影響しているという。

「闇営業騒動で、宮迫は完全に戦犯扱い。吉本から絶縁されているような状態です。そんな宮迫はYouTubeでヒカルと頻繁にコラボしているし、さらには一緒にCMにまで出ている。吉本としては、“敵の味方は敵”ということで、ヒカルも宮迫同様NG案件なのでしょう」(同)

 スタートした当初は叩かれていた宮迫のYouTubeチャンネルだが、今ではチャンネル登録者数は80万人を超え、動画の再生回数も数十万回をキープしている。そんな状況を吉本が快く思っていないことが想像に難くない。UUUMとの業務提携も、好調な宮迫を潰すための一手だったのかも!?

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/05/02 21:00

宮迫とのコラボが原因!? UUUMと業務提携した吉本興業が密かにヒカルを共演NG指定 のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

セブンにファミマ、ローソン…コンビニ飯オススメは?

セブンにファミマ、ローソン、各社が外食チェーン顔負けの新商品を続々投入中。気になる消費を紹介
写真
特集

『旅サラダ』KAT-TUN・中丸を見守りたい

『朝だ!生です旅サラダ』の「発掘!ニッポン なかまる印」リポーター・中丸雄一の奮闘記
写真
人気連載

泉ピン子、どこまでがホントの話?

 昨年4月4日に95歳で亡くなった人気脚本家...…
写真
インタビュー

「Twitterでバズっても…」短歌ブームの裏側

 文芸単行本の初版2000部も当たり前に...…
写真