日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 吉本興業とUUUMが宮迫潰し?

目障りな競合他社!? 吉本興業とUUUMの資本業務提携に“宮迫潰し”の思惑

文=日刊サイゾー

雨上がり決死隊・宮迫博之

 吉本興業とHIKAKINらが所属する大手 YouTuber事務所UUUMが資本業務提携を締結したことを発表した。今後は吉本に所属するタレントのYouTubeチャンネル約800をUUUMと共同で運営していく。

 28日には早速、HIKAKINと吉本きっての人気 YouTuber・カジサックの“コラボ動画”を配信。HIKAKINは「いきなり決まったんで、僕もびっくり。何が始まるかワクワクしている」と話し、カジサックも「いつかご一緒してみたいと、夢に見ていた」と同調した。芸能界からのYouTube参入の動きが広がっているが、HIKAKINは「いずれは増えるだろうと想像していたけど、急に増えた。YouTuberはなかなか認めてもらえなかった。それが一気に加速して、有名タレントとトップYouTuberが横並びになってうれしい」とコメント。業界最王手同士のタッグだけに、ほかのYouTuberにとっては脅威になること間違いなしだ。

 なかでも気が気ではないのが、雨上がり決死隊・宮迫博之だろう。2019年、闇営業問題を起こし、吉本興業を退社。その後YouTuberデビューを果たし、それなりの地位を築きつつあるが、それも今後はどうなるかわからない。

「吉本は完全に宮迫を潰しにきてますね(笑)。闇営業騒動の際に宮迫がロンブー亮を引き連れて行った記者会見が、吉本的には今でも許せない。一部では宮迫の吉本出戻りもウワサされましたが、完全に没交渉。今回のUUUMとの資本提携も宮迫に対する“嫌がらせ”と見る向きもあります。はっきり言って目障りな競合他社でしかありませんから」(スポーツ紙記者)

 宮迫は現在、吉本の大御所・明石家さんまの〝預かり〟となっている。さんまが後見人である以上、宮迫が潰されることはないと思いきや……。

「さんまさんは吉本内では別格、治外法権みたいなものですが、その一方で本流でもない。現在の中心はダウンタウンと、その無名時代のマネジャー的存在だった大崎洋会長のライン。さんまさんは偉大ですが、社内政治で力があるかというと、そうでもないのです」(お笑い関係者)

 宮迫はこの危機的な試練を乗り越えることができるか――。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/05/01 10:26

目障りな競合他社!? 吉本興業とUUUMの資本業務提携に“宮迫潰し”の思惑のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『半沢歌舞伎』これにて終幕!

第2シーズンも大ヒットとなったドラマ『半沢直樹』。最終回から“ロス”が止まらない!?
写真
人気連載

「セカンドの7番」論と“ダウンタウン病”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

『解放区』は何が問題だった?

 令和元年を象徴する、火傷しそうなほどに熱いインディーズ映画『解放区』が現在公開中だ...
写真