日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 岡村危機に駆けつけた矢部の思惑

岡村隆史の芸人人生で“最大のピンチ”に駆けつけた「相方・矢部浩之の思惑」

文=日刊サイゾー

ナインティナイン・岡村隆史

 女性への軽蔑ともとれる発言で問題になったお笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史が4月30日深夜、レギュラー番組『オールナイトニッポン』(ニッポン放送)に生出演。2時間にわたり“謝罪”を貫き通したが意外だったのは相方・矢部浩之が「公開説教」を行ったことだろう。

 番組開始から35分が過ぎたころ、突然「やったなあお前、やってもうたな」と言いながら自己紹介もすっ飛ばして現れた矢部。岡村が何度も「ごめんなさい」などと頭を下げたが、自ら「公開説教しようと思って(スタジオに来た)」と切り出した。その後、番組終了の午前3時まで終始、岡村の今回の発言につながると思われる部分を矢部なりに感じたところを次々と挙げて諭し、最後は「結婚しろ!」と説いた。

 番組をチェックしていた芸能関係者は「番組をリタイアした矢部さんがスタジオに駆けつけたのはいいとして、最も衝撃的だったのはコンビ仲について自ら『あまりいい感じやない』と断言したことだ」と指摘。

 番組内では岡村の目についたさまざまな言動を間近で見るのを避けるべく楽屋を別にするよう頼んでいたと話していたが、前出の芸能関係者は「今なら矢部、岡村それぞれピンの仕事でも成立するわけで、コンビを継続させようとこの日のように番組に乗り込んだのは、それなりの思惑がある。本人たちはどう思っているかわからないが、やはりこの世界において“ナイナイ”のブランドはかなり大きく、影響力も強い。それを手放したら自分たちがどうなるのかを矢部さん自身が一番、わかっている」と話す。

 矢部といえば自身がMCを務めるスポーツ番組『やべっちF.C.』(テレビ朝日系)が視聴率低迷と昨今の社会情勢でJリーグが開幕できず、放送するテレビ朝日にとってかなりの重荷になっているため、打ち切り危機に瀕していることは業界内で周知となっている。

「これで岡村さんまで壊れたら、それこそ芸能界で生き残れませんから。そうした危機感を最も持っていたからこそ、わざわざ深夜の生放送で叱ったのでしょう」(同)

 岡村が心を入れ替えて再びナイナイのコンビが脚光を浴びる日はやってくるのか。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/05/03 00:00

岡村隆史の芸人人生で“最大のピンチ”に駆けつけた「相方・矢部浩之の思惑」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

女優・宮下かな子が送るサブスクエッセイ

宮下かな子さんがサブスクで観た作品を元に、俳優の日常を綴るエッセイ連載
写真
特集

夏枯れ? 豊作? 夏ドラマをチェック!

『石子と羽男』『競争の番人』『オールドルーキー』etc…夏ドラマをチェック
写真
人気連載

『鎌倉殿』とは大きく違う史実の全成

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

あらびき団に出ているだけでは売れない……

『HITOSHI MATSUMOTO Pre...…
写真