日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 岡村失言でも吉本の呆れた体質

不祥事を経ても何も変わらず!? ナイナイ岡村の“舌禍騒動”で垣間見えた吉本興業のあきれた体質

文=日刊サイゾー

ナインティナイン・岡村隆史

 お笑いコンビ「ナインティナイン」の岡村隆史が大炎上している。

 発端は4月23日放送の『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)だった。岡村はリスナーからの「コロナの影響で、今後しばらくは風俗に行けない?」という相談に「今は辛抱。『神様は人間が乗り越えられない試練は作らない』って言うてはりますから。ここは絶対、乗り切れるはずなんです」とコメント。

 さらに「コロナが収束したら、もう絶対面白いことあるんです」と切り出し「収束したら、なかなかのかわいい人が短期間ですけれども、お嬢(風俗嬢)やります。短期間でお金を稼がないと苦しいですから。3カ月の間、集中的にかわいい子がそういうところでパッと働いてパッとやめます」と述べた。

 この発言がネットを中心に「女性蔑視だ!」と大炎上。放送したニッポン放送は謝罪に追い込まれ、岡村本人も吉本興業の公式サイトを通じて謝罪コメントを発表。次回放送(30日)で対応するという。

 たしかに岡村の発言は非難されて然るべきできだが、同時に「またか……」という印象を受けたのが吉本興業の対応だ。岡村が大炎上中でも吉本はオンエアしたニッポン放送に責任を転嫁。複数のマスコミの問い合わせに「とりあえず、あちら(ニッポン放送)に聞いて下さいよ」と伝えたという。

「オールナイトニッポンは生放送なので、あの発言は編集でどうこうなる問題ではない。つまりは岡村自身の資質の問題。タレントを管理・教育するのは所属事務所の役目。その吉本がノーコメントでニッポン放送と本人に謝罪させるというのは、どうかと思いますね」(芸能プロ関係者)

 思い起こせば、昨年の闇営業問題の時も「チュートリアル」徳井義実の申告漏れ騒動の時も吉本は事態を過小評価し、傷口を広げていった。スポーツ紙記者は「2019年の不祥事を経ても何も変わっていない印象を受けます」と語る。

 コロナ禍で世間はいつも以上にスキャンダルに敏感になっている。吉本はどのように幕引きを図るつもりなのか――。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/04/30 22:40

不祥事を経ても何も変わらず!? ナイナイ岡村の“舌禍騒動”で垣間見えた吉本興業のあきれた体質のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

ビートたけし、裏の素顔

 レギュラーを務めるTBS系情報番組『新・情...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(2)

 農林水産省の元事務次官の熊澤英昭容疑者が44歳の長男を殺害した事件では、息子による...
写真