日刊サイゾー トップ > 芸能  > オイシいラジオ生CMのカラクリ

月収300万円も!? ラジオDJがオイシい「生CM」のカラクリとは?

文=日刊サイゾー

イメージ画像

 厳しい制作環境となり久しいラジオ業界だが、その中でも出演者であるラジオDJが喉から手が出るほどオイシい仕事なのが「生CM」と呼ばれるものだ。

 中堅都市の某ラジオ局で午前中に放送される、となる人気長寿番組。番組内では1回の放送について5回ほど「生CM」が流れている。

「テレビでも、ラジオでも通常は事前収録されたCMが流れるのですが、ラジオの場合はピンポイントで訴求力使いたいモノにはうってつけ。特に、高齢者向けの商品には効果があります。そこで登場するのがくだんの生CMで、普段聴いてるDJの声で生放送中に、まるで問いかけるようにCM文を読み上げる。ウソのような本当の話ですが、通販されているものなら直後からコールセンターに電話が殺到します」(ラジオ局編成マン)

 昨今の社会情勢にも関わらず、生CMは変わらず人気だそうだが、ここで気になるのは1本あたりのギャラだろう。

「DJにもよりますが、1本あたり3万円のギャラが支払われると聞いています。となると、1日15万円が支払われる。仮に、月曜~金曜までの帯番組なら300万円ですからね。自分がものの数分しゃべるだけで、ギャラとは別に支払われる。これはオイシすぎて、人気DJの間では取り合いになることもある」(広告代理店社員)

 もっとも、シビアな面も。「ラジオ局サイドも、企業もコールバック率をかなり重視しています。数字が悪くなれば、すぐさま打ち切られますから。そこはテレビ同様、厳しい面ではあります」(同)というが、ラジオ業界にもまだまだ夢はありそうだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/05/11 00:00
関連キーワード

月収300万円も!? ラジオDJがオイシい「生CM」のカラクリとは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

朝ドラ離れ加速!?『ちむどんどん』レビュー

NHKの朝ドラとしては珍しく賛否の否がうずまく『ちむどんどん』をなんとか楽しむレビュー!
写真
特集

夏枯れ? 豊作? 夏ドラマをチェック!

『石子と羽男』『競争の番人』『オールドルーキー』etc…夏ドラマをチェック
写真
人気連載

「企画はシンプルなほうがいい」

 放送作家の深田憲作です。 「企画倉庫」という...…
写真
インタビュー

エルフ荒川「吉本芸人はみんなギャル」

新型コロナに戦争、円安、物価高騰──暗い話題が多...…
写真