日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 深田恭子、事務所に半ケツで恩返し

半ケツで恩返し!? 深田恭子、前年比90%減のホリプロに写真集売り上げで貢献

文=日刊サイゾー

ホリプロ公式サイトより

 新型コロナウイルスによる感染拡大で芸能界はこれまでにないほどのダメージを受けているが、大手芸能プロ「ホリプロ」の代表取締役社長・堀義貴氏が8日、自身のツイッターでリアルな影響について語った。

 堀氏は「今日も音楽団体の会議。全国のアーティストや業者さんのためにできることを断続的に協議」と連日、対応策を話し合っていることを報告した。

 自社については「ホリプロも3月の利益は前年比90%減」と明かすも、「ただホリプロは不意の災害も想定して1年仕事がゼロでもやっていける準備をしていたし、先月の段階で現金給付や無利子無担保の社内融資をしている」とした。

「もともと、タレントたちの離脱があまりないことで知られているホリプロ。売れっ子になってもタレントの取り分を抑えることにより、会社に蓄えを作り、今回のような有事に備えようとしていたようだが、その狙いが見事に当たった。ただし、堀氏もツイッターで『ただ先は長い。持久戦だ』と見越しているが、いつまで大幅な減収が続くかまったく見通しが立たない状況」(芸能プロ関係者)

 同社といえば、自社が舞台公演や映画の製作委員会に出資しているため、同じ規模でもタレントが稼働しているだけの芸能プロよりもダメージが大きいようだが、そんな同社にとって唯一の明るい話題が深田恭子の新作写真集のようだ。

「5月13日に2年ぶりの写真集『Brand new me』(集英社)を発売。深田は自身のインスタグラムにドローンで撮影したというオフカットのサーフィン動画を投稿したが、鍛え上げたムチムチのボディーや水着の“半ケツ”が話題に。PR効果もあってかAmazonの芸能人写真集部門で1位を獲得するなど、かなりの売り上げが期待できそう。コロナ禍での稼ぎは事務所にとってかなりありがたいはず」(出版業界関係者)

 深田からすればここまで育ててくれた事務所への“恩返し”になりそうだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/05/11 06:30

半ケツで恩返し!? 深田恭子、前年比90%減のホリプロに写真集売り上げで貢献のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

注目作が目白押しの秋ドラマ

大作、話題作、ダークホース……注目作が目白押しの秋ドラマをチェック!
写真
人気連載

西郷隆盛の“不思議ちゃん”な行動の意図

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

強権的な指導者を好む若者増加

 アメリカの調査機関ピュー・リサーチ・センターによれば、世界の多くの国で軍事政権に対...
写真