日刊サイゾー トップ > 社会 > メディア  > 箕輪厚介氏、報道を完全無視

幻冬舎・箕輪厚介氏、セクハラ報道“完全無視”も破廉恥スキャンダルを「かすり傷」で通せるのか?

文=黒崎さとし(くろさき・さとし)

「死ぬこと以外かすり傷」(マガジンハウス)

「文春オンライン」で女性ライターのA子さんへのセクハラや原稿料の未払いなどが報じられた幻冬舎の編集者・箕輪厚介氏。陰湿なしつこさを見せ目下、SNSなどで厳しい批判の声があがっている。

 この渦中にありながら19日、何事もなかったかのように『スッキリ』(日本テレビ系)にリモート出演。報道については一切触れずにのうのうと、「夫・家族に悩む主婦」の電話相談に回答していたことで、さらに火に油を注いでいるものの、本人はツイッターなどSNSも含めてだんまりを決め込んでいる。どうやら本人はこのまま何事もなかったかのように済ますようだ。

「箕輪さんを知る人ならさして驚きもしないでしょうが、一応『文春』の報道が出る直前、仕事関係者や知人にスキャンダルが出ることを報告していました。その上で、『戦ってもひとつも得することがない』と、本件に関しては徹底的に無視する作戦のようです。既婚者によるセクハラであることは間違いないのですが、”行為には及んでいないから逃げ切れる”ということなんでしょうか。幻冬舎からも、懲戒などは出ずに平常運転のようですね」(出版社社員)

 とはいえ、A子さんが公開した生々しいやり取りには、いくら断っても執拗に食い下がり、ついには自宅に上がりこむ様子が伺える。さらに「なにもしない」と言ったにもかかわらず、「『触っていいですか?』『キスしませんか?』とくっついてきて、いくら拒もうと強引に体を触ってきた」という恐怖の証言もあり、彼が考えているほどには自体は軽くないはずだが……。

「もともと、カリスマ編集者としてマスメディアを中心に引っ張りだこだった半面、ビッグマウス的な煽りコメントやアウトロー風味の風貌で抜群に嫌われてもいて、スポンサーから出演NGが出た企画もあるようです。今、世界的にセクハラへの逆風が吹いている中で、ネットを中心に出演番組などへの批判の声も高まっている。彼が一番気にするのは結局、”スポンサーの反応”だと思いますが、もしここで続報やほかの被害者などが出たらアウトでしょうね」(経済誌記者)

 仮に今回の報道ではだんまりを決め込んだとしても、視聴者からの批判ははげしさをましている。これをスポンサーたちはどう評価するのだろうか。

黒崎さとし(くろさき・さとし)

黒崎さとし(くろさき・さとし)

1983年、茨城県生まれ。ライター・編集者。

最終更新:2020/05/23 10:30

幻冬舎・箕輪厚介氏、セクハラ報道“完全無視”も破廉恥スキャンダルを「かすり傷」で通せるのか?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

女優・宮下かな子が送るサブスクエッセイ

宮下かな子さんがサブスクで観た作品を元に、俳優の日常を綴るエッセイ連載
写真
特集

夏枯れ? 豊作? 夏ドラマをチェック!

『石子と羽男』『競争の番人』『オールドルーキー』etc…夏ドラマをチェック
写真
人気連載

『鎌倉殿』とは大きく違う史実の全成

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

あらびき団に出ているだけでは売れない……

『HITOSHI MATSUMOTO Pre...…
写真