日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 宇垣美里がセクハラの番人で復活

箕輪厚介氏をメッタ斬り! テレビから消えた宇垣美里が「セクハラの番人」で復活か

文=日刊サイゾー

宇垣美里

 物言う女子アナの真骨頂だ。

 5月19日に放送されたラジオ番組『アフター6ジャンクション』にて、パーソナリティを務めるフリーアナの宇垣美里が、幻冬舎に勤める編集者・箕輪厚介氏のセクハラ報道を一刀両断した。

「『スッキリ』(日本テレビ系)など、テレビ番組でコメンテーターを務めることも多い箕輪氏は既婚者で、『文春オンライン』によれば、下請けの女性ライターについて、『キスしませんか?』『触っていいですか?』などと、体を触りながら不倫関係を迫ってきたとのこと。『文春』に掲載されたLINEのやりとりを見たという宇垣は、『本当に見本のようなクソLINEでしたね』『泣いてしまいそうになりました私』と怒りを爆発させ、多くのリスナーから支持を得ていました」(芸能記者)

 宇垣といえば、世の中の不条理に噛みつく言動で注目を浴びることが多い。中でもセクハラについてはそのトーンが一段上がるのは、過去の経験が影響しているという。

「宇垣は19年7月に出演した『二軒目どうする?~ツマミのハナシ~』(テレビ東京系)に出演した際、過去のセクハラ被害を告白。彼女は学生時代に京都で着物を着て接客する仕事をしていたそう。配膳していると、さらっとお尻を触ってきたり、胸元に手を入れられたりセクハラされることがしばしばあったことを明かしています。また今年2月、テレビ業界のセクハラ問題などが描かれている映画『スキャンダル』の公開イベントに出席した時も、TBS時代を思い出し、『見覚えがある』『セクハラ、パワハラがまかり通っている』と憤っていました。もし、箕輪氏が番組で宇垣と共演する機会があれば、フルボッコにあうでしょうね」(週刊誌記者)

 テレビで観る機会がめっきり減っている宇垣だが、「セクハラの番人」として復活するかもしれない。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/05/23 22:00

箕輪厚介氏をメッタ斬り! テレビから消えた宇垣美里が「セクハラの番人」で復活かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

今年は誰が目玉? 大みそか恒例『紅白歌合戦』特集

今年は有観客開催! 『第72回NHK紅白歌合戦』の目玉は? あの人は出る?
写真
人気連載

渋沢栄一の“放蕩息子”篤二の実像

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

Daichi Yamamoto「音楽や芸術は差別や分断をチャラにできる」

 2年前にリリースしたファーストアルバム『Andless』とは、着飾ったものを脱ぐと...
写真