日刊サイゾー トップ > エンタメ > テレビ  > テラスハウス打ち切りの決断か

『テラスハウス』は問題だらけだった!? 打ち切りの決断でも遅きに失した感

TERRACE HOUSE TOKYO 2019-2020公式サイトより

 米動画配信大手・Netflixやフジテレビで放送されているの恋愛リアリティー番組『テラスハウス』に出演中だった、女子プロレスラー・木村花さん(享年22)が23日未明に亡くなったことが、各メディアで大々的に報じられた。

 所属する団体・スターダムは公式サイトで死去した事実のみを発表。詳細については明かされていない。

 しかし、一部スポーツ紙によると、木村さんと連絡がつかないことを不審に思った母親で元プロレスラーの木村響子さんが江東区内の自宅を訪ねたところ、倒れている木村さんを発見。搬送先の病院で同日朝に死亡が確認されたという。

 木村さんは、プロレスラーとして活動する一方、昨年10月にスタートした「テラスハウス」の最新シーズン『TERRACE HOUSE TOKYO 2019-2020』に出演していたが、一部メディアでは、それが不幸の元凶だと報じている。

「今年3月31日に配信された第38話、同居している男性が、木村さんの大事な試合用のコスチュームを誤って洗濯・乾燥して縮ませてしまい、木村さんが激怒するという“コスチューム事件”が発生。木村さんの態度に対してインターネット上では非難の声が相次ぎ、木村さんのSNSには、誹謗中傷と取れるメッセージが大量に寄せられた。木村さんはそのことで精神的に追い詰められてしまい、死去の直前と思われる時間帯にはSNSに意味深な投稿。レスラーとしても人気が高かっただけに、各方面から追悼や、木村さんをたたいたネット民を批判する声が上がっています」(芸能記者)

 木村さんの訃報を受け、フジテレビで放送を予定していた第39話(25日)と、Netflixで配信予定だった第43話(26日)と第44話(6月2日)は、放送休止となったが、このシリーズ自体、もっと早く打ち切りになっていれば……。

「リアリティー恋愛番組をうたっていて、台本はないといいますが、それは物理的な“本”がないだけで制作側の演出があったことは過去に暴露されています。今回は木村さんへの要求があまりにも酷過ぎたのでは? もともとこの現場には問題が多く、フジのスタッフが関与していないだけに、制作スタッフからのセクハラ・パワハラは日常茶飯事。深すぎる心の傷を負って芸能界引退に追い込まれたタレントもいたほど。それに、撮影しているシェアハウスはいわゆる3密状態ですし、このご時世では完全アウトです」(テレビ局関係者)

 一時期は社会現象になるほどの大ブームを巻き起こした『テラハ』だが、その歴史に幕を閉じることになりそうだ。

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

にっかんさいぞー

最終更新:2020/05/26 06:06
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed