日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > ジャニオタの誹謗中傷も社会問題

木村花さんの死去で“匂わせ警察”ジャニーズファンの誹謗中傷も社会問題化へ

文=日刊サイゾー

嵐・二宮和也

『テラスハウス』(フジテレビ系)に出演していた女子プロレスラー・木村花さんが、5月23日に22歳の若さで死去。木村さんは番組視聴者からSNS上で誹謗中傷を受け、苦しんでいたという。

 このニュースは、連日、メディアで大きく取り上げられ、社会問題として注目。多くの芸能人らも卑劣な書き込みに対する批判や怒りを強めている。

「LINEやツイッターなどのSNS事業者でつくる『ソーシャルメディア利用環境整備機構』は緊急声明を発表。SNS上での嫌がらせや名誉棄損などを禁止事項として利用規約に明記し、こうした行為を把握した場合、利用停止などの措置を徹底するとしています。また、5月26日には高市早苗総務相もインターネット上の誹謗中傷を巡る発信者の情報開示について、制度改正も含めて対応する考えを明らかにしています」。こうした動きもあってか、木村さんのツイートのリプライ欄には、アカウントやリプライを削除する『ツイ消し』が相次いでいるようです」(週刊誌記者)

 そんななか、次の批判対象になりそうなのが、“匂わせ警察”とも言うべき一部の過激なジャニーズファンだ。

「過去には嵐・二宮和也と結婚したフリーアナウンサーが、SNSでの“匂わせ”で二宮ファンからのバッシングを受け、中には目を覆うような誹謗中傷も見受けられた。他にも直近だけでも、平祐奈、夏目鈴、佐藤めぐみ、NMB48・吉田朱里などがそれぞれジャニーズグループメンバーとの交際を匂わせとして、彼女たちのSNSにはジャニーズファンからの心無いコメントが書き込まれ、炎上騒ぎとなりました。18年にHey! Say! JUMP・山田涼介との交際が報じられたモデルの宮田聡子は、木村さんが死去した後、『私も以前そんな経験をしました』『人を傷つけてマウントをとるつもりなんて1ミリもありません』などと語り、誹謗中傷を受けた時の胸中を綴っています」(女性誌記者)

 木村さんの死に、過激なジャニーズファンは何を思っただろうか。

 

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/05/27 18:00

木村花さんの死去で“匂わせ警察”ジャニーズファンの誹謗中傷も社会問題化へのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

伊勢谷友介大麻取締法違反で逮捕の衝撃

名俳優の逮捕で、映画・ドラマにも波紋が…
写真
人気連載

急死した藤木孝さんの俳優人生

 9月20日、俳優の藤木孝(本名、遠藤與士彦...…
写真
インタビュー

500万円で映画主演権を買った一般女性とは

「あなたをSFコメディ映画の主役に!」という日本橋三越本店の2019年新春福袋企画を...
写真