日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > AKB48グループ  > 渡辺麻友は裏アカキャラなら…

渡辺麻友は“裏アカ”キャラならもっとやれた!? 加藤浩次も指摘した「真面目すぎる素顔」

文=日刊サイゾー

渡辺麻友

 本人は「アイドル」であることに徹したのだろうが、そのプロ意識の高さが裏目に出てしまったのだろうか。

 極楽とんぼ・加藤浩次が6月4日放送のラジオ番組に出演。先日、芸能界から引退した元AKB48の渡辺麻友との思い出を振り返った。

「加藤は渡辺とバラエティ番組『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)で共演。番組の人気企画『爆烈お父さん』では、加藤が渡辺の足を持って振り回したり、彼女の顔を蹴ったりしたこともあった。当時は、渡辺のファンから加藤に対する殺害予告が1万件くらい来ていたそう。その後も、番組では2人がケンカする場面も多かったのですが、実際は渡辺からの要望で何度もリハーサルをやっていたといいます。

 その際、渡辺は台本を全部覚えていたといい、加藤は『こんなアイドルのマジメなしっかりした子がいるんだなって、記憶があるのよ』と述懐しつつも、『オレ思うよ。アイドルでもさ、こんなこと言ったらアレだけど、なんかいろいろ問題起こしてる子のほうが残ってるし、やっぱり適当なほうがいいんだよ』と、彼女の真面目な性格が芸能界に合わなかったのではないかと感じたようです」(芸能ライター)

 そんな品行方正で通った「正統派アイドル」の渡辺も、一度だけ“裏の顔”を見せたことがあった。

「2014年にはプライベートで使っているインスタグラムの裏アカが流出したことありました。そこでは振り切った変顔が多数アップされていたほか、HKT48メンバーの整形暴露や、フィギュアの羽生結弦と付き合いたいこと、Kis-My-Ft2・玉森裕太のガチオタであること、肛門ネタが大好きなことなど、ファンが知る“まゆゆ”とはかけ離れた『素』がテンコ盛り。口調もかなり下品でした。逆にこのキャラが世に出ていたら、また違った魅力で芸能界での別のポジションが生まれていたかもしれませんね」(アイドル誌編集者)

 芸能界に復帰する際は、ぜひ「黒まゆゆ」キャラで……。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/06/07 00:00

渡辺麻友は“裏アカ”キャラならもっとやれた!? 加藤浩次も指摘した「真面目すぎる素顔」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

伊勢谷友介大麻取締法違反で逮捕の衝撃

名俳優の逮捕で、映画・ドラマにも波紋が…
写真
人気連載

あの闇サイト事件を劇映画化

「事件は早く忘れたいが、みんなには忘れて...…
写真
インタビュー

流通アナリスト解説マスク生産

 緊急事態宣言を5月中まで延長する方針が、安倍首相の会見で発表された。もう1カ月の外...
写真