日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 米倉涼子『ドクターX』交代案も

米倉涼子は日本を脱出する!? 『ドクターX』新シリーズ消滅で主人公の交代案も浮上

文=日刊サイゾー

米倉涼子

 新型コロナウイルス感染拡大で、大打撃を受けたドラマ界。春ドラマだけでなく、夏ドラマ、秋ドラマにまで大きな影響を与えそうだ。

「多くの春ドラマが6月になってもスタートできない状況ですが、ここにきて急ピッチで撮影を進めているとのこと。おそらく放送回数を減らしつつ、夏クールにずれ込むケースが多くなりそう。その結果、夏クールのドラマが秋にスライドし、秋クールに予定されていたドラマの制作が取りやめになるなんてこともありえます」(テレビ局関係者)

 そんななか、テレビ朝日の秋クールに放送が予定されていた米倉涼子主演ドラマの制作が中止になったという情報が舞い込んできた。

「『ドクターX』もしくは『リーガルV』(ともにテレビ朝日系)の新シリーズを秋クールに放送する予定だったようです。でも、こんな状況なので、米倉がオファーを断った模様。テレ朝的にはドル箱ドラマが流れてしまったということで、頭を抱えていますよ」(同)

 今年4月にデビュー以来所属していたオスカープロモーションを退社した米倉。今後の動向に気になるところだ。

「そもそも米倉は海外での活動に向けて事務所を独立したのであって、『今後日本国内のドラマには出ないのでは?』とも囁かれていたんです。そんななかで秋クールのドラマがなくなったということで、米倉にしてみれば海外に拠点を移すいい機会になったとも言える。もうこのまま『ドクターX』が終わってしまう可能性も高いと思います」(芸能事務所関係者)

 とはいえ、テレビ朝日にとっては『ドクターX』は高視聴率が狙える大人気ドラマである。そんなふんわりした形でシリーズを終わらせたくないはずだ。

「テレ朝は米倉をどうにかして説得して“完結編”を作ろうと躍起になっているとも言われています。1クールは難しくても、せめてスペシャルドラマでどうにかならないかと模索していることでしょう」(同)

 さらに米倉抜きでシリーズを継続させるという選択肢もあるようだ。

「長く続いている海外ドラマではシリーズの途中で主人公がいなくなることも珍しくない。たしかに、『ドクターX』は米倉ありきのドラマですが、そのタイトルだけを残して、別の主人公で続けるということも十分に有り得ると思います。

そもそもオスカーが企画に関わっているドラマだし、オスカーがプッシュしたい女優をゴリ押しする可能性もあるでしょう。『ドクターX』が無理でも、現時点でシーズン1しか放送していない『リーガルV』であれば、米倉抜きで続けるのもそう難しくはないですし」(同)

 いずれにしろ、米倉版の『ドクターX』や『リーガルV』の新シリーズが制作されるのは、当分先のこととなりそうだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/06/07 21:30

米倉涼子は日本を脱出する!? 『ドクターX』新シリーズ消滅で主人公の交代案も浮上のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

伊勢谷友介大麻取締法違反で逮捕の衝撃

名俳優の逮捕で、映画・ドラマにも波紋が…
写真
人気連載

あの闇サイト事件を劇映画化

「事件は早く忘れたいが、みんなには忘れて...…
写真
インタビュー

百田尚樹の“変節”読み解く

 『永遠の0』(講談社文庫/単行本は太田出版、2006年)などで知られる小説家であり...
写真