日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > アフターコロナに干される芸能人

内村光良に米倉涼子やカトパンも!? “アフターコロナ”にテレビから干される大物芸能人は?

文=日刊サイゾー

加藤綾子

 連日、発表される新型コロナウイルスの感染者数が徐々に少なくなってきているが、テレビ界の「アフターコロナ」は、かなり深刻な状況となりそうだ。

 5月8日発売の「週刊現代」(講談社)によると、テレビ局はスポンサーからの広告出稿が激減しているという。

「記事によると、新型コロナによって民放キー局の収益は昨年度比15%から20%、金額にして200億から300億円ものダウンになるといいます。この影響で、今後は大物芸能人の出演料を払えない状況になるのだとか。今、バラエティー番組の1本あたりのギャラは、内村光良300万円、坂上忍170万円、有吉弘行140万円とのこと。彼らがMCの番組は今年中に打ち切りとなる可能性があるとのことです」(テレビ誌ライター)

 そんなコロナの影響でテレビから消えてしまう可能性があるのは、バラエティータレントだけではない。

「ヒットドラマを連発する人気女優に対しても、オファーを避ける流れが出来つつあるようです。その筆頭が米倉涼子。彼女のギャラは女優として最高ランクの1話500万円とあって、経営が悪化するテレビ局は、たとえ視聴率が取れるとしても、高額ギャラを出してまで起用するというマインドにならなくなっているそう」(前出・テレビ誌ライター)

 報道番組に目を向けると、リストラ危機に瀕しているのが加藤綾子だ。

「年間2億円のギャラを払って迎えていれた夕方の『Live News it!』(フジテレビ系)は、在宅率が上がってテレビの視聴層が前年比150%になっている中で、もっか一人負け状態となっています。主婦ウケがイマイチなのに加え、頼みの男性人気も昨年に熱愛が発覚したことで尻すぼみです。このまま行けば秋以降には間違いなく降板が検討されるでしょう」(テレビ関係者)

 来年以降、テレビ出演者の顔ぶれはガラッと変わってしまうかもしれない……。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/05/11 10:30

内村光良に米倉涼子やカトパンも!? “アフターコロナ”にテレビから干される大物芸能人は?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ第2波で芸能界も大混乱

新型コロナ第2波で芸能人も続々と感染…
写真
人気連載

【ネットフリックス】アメリカの人種差別

「時代を代弁する”俺たちの”コメディアンの登...…
写真
インタビュー

自己肯定感高い中国人マンガ、中の人

近頃Twitterでたびたびバズっている特徴的なマンガがある。白いウサギが中国や台湾の人...
写真