日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 米倉涼子退社でドクターXは?

米倉涼子のオスカー退社で不透明!? 『ドクターX』は打ち切りになってしまうのか?

文=田中七男

米倉涼子

 “超大物女優”米倉涼子が、所属するオスカープロモーションを3月いっぱいで退社することが明らかになった。今後は個人事務所を構えて活動するという。

 米倉は1992年の「第6回全日本国民的美少女コンテスト」で審査員特別賞を受賞したことをきっかけにオスカー入り。モデルとして活動した後、99年から女優にチャレンジ。ドラマ、映画で着実にキャリアアップして、主演女優へと成長。2012年に放送された『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)が大ヒットし、“高視聴率女優”としてのポジションを確固たるものとした。同ドラマはシリーズ化されて、米倉の代表作となったのだ。

 近年、絶対的なエースとして、オスカーの屋台骨を支えてきた米倉の退社は、同事務所としては痛いばかりだが、ファンのみならず、最も気になるのは独立後、人気ドラマ『ドクターX』がどうなるのかだ。

「米倉は17年の『ドクターX』第5シリーズのとき、『役のイメージがつくので、もうやりたくない』と続編出演を固辞。結局、18年は新ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』で主演しました。しかし、『リーガルV』が『ドクターX』ほどヒットしなかったこともあり、テレ朝、事務所の説得で翻意し、19年は『ドクターX』第6シリーズが放送されました。米倉には本格的な米国進出の夢もあるようですが、独立する以上、自分の力で稼いでいかなければなりません。その点、『ドクターX』は高額な出演料を手にできるチャンス。好む好まざるは別として、生活を安定させるためにも、テレ朝のオファーを受けざるを得ないんじゃないでしょうか」(テレビ制作関係者)

 今年10月期も『ドクターX』の続編がオンエアされれば、ファンとしては万々歳だが、そのためには大きな“障害”があるという。

12

米倉涼子のオスカー退社で不透明!? 『ドクターX』は打ち切りになってしまうのか?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

セブンにファミマ、ローソン…コンビニ飯オススメは?

セブンにファミマ、ローソン、各社が外食チェーン顔負けの新商品を続々投入中。気になる消費を紹介
写真
特集

『旅サラダ』KAT-TUN・中丸を見守りたい

『朝だ!生です旅サラダ』の「発掘!ニッポン なかまる印」リポーター・中丸雄一の奮闘記
写真
人気連載

泉ピン子、どこまでがホントの話?

 昨年4月4日に95歳で亡くなった人気脚本家...…
写真
インタビュー

「Twitterでバズっても…」短歌ブームの裏側

 文芸単行本の初版2000部も当たり前に...…
写真