日刊サイゾー トップ > エンタメ > ドラマ  > 令和版『古畑任三郎』報道

「弟の任四郎でもいいから!」令和版『古畑任三郎』報道にファンが“別物”を要求

阿部寛

 名作が汚されなければいいのだが……。

 6月10日付の「東スポweb」が、人気ドラマ『古畑任三郎』(フジテレビ系)の復活プロジェクトが進行中だと報じた。

「1994年から06年にかけて放送された『古畑任三郎』ですが、5月16日に『古畑任三郎3rd season~最も危険なゲーム 前編・後編~』が関東地区で再放送され、大反響を呼びました。田村正和演じる警部補・古畑任三郎がゲスト俳優演じる犯人の完璧なアリバイやトリックを巧みな話術と卓越した推理力で崩し、真相を解明していくスタイルが未視聴の若い世代に衝撃を与えたようです」(テレビ誌ライター)

 記事によれば、再放送が高視聴率を記録したことで、フジテレビは脚本家の三谷幸喜氏に制作を打診。三谷氏は「田村にそん色のない俳役」を条件にOKを出したという。

「高齢の田村に代わって、阿部寛とオダギリジョーが候補に挙がっているようです。西村まさ彦が演じた後輩刑事の今泉慎太郎役もリニューアルされる見込みで、こちらは大泉洋に絞られているとか。早ければ年内に制作を発表し、来年4月に放送を予定しているといいます」(芸能ライター)

 この報道にネット上では、「阿部寛はたくましすぎる」「オダギリは警部というより探偵なイメージ」「キムタクか堺雅人くらい華とクセがないときつい」「今泉役は岡村(隆史)やろ」など、さまざまな意見が飛び交っている。

「とはいえ、やはりいちばん多いのは『古畑任三郎は田村正和しかいない』という声ですね。過去には、『GTO』(フジテレビ系)『サラリーマン金太郎』(TBS系)、最近では『東京ラブストーリー』(フジテレビ系)などが本家を超えられず駄作扱いされていますから、『古畑』についても嫌な予感しかしていないのでしょう。実際、『コンセプト同じで主人公の名前変えてやればいい』『まるまるリメイクじゃなくて程よくキャラ変えてほしい』『弟の古畑任四郎でもいいから別人にしてほしい』などと“別物”を求めるリクエストが多い印象です」(同)

 令和版『古畑任三郎』は再ブームとなるのか、黒歴史となるのか注目だ。

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

にっかんさいぞー

最終更新:2020/06/12 06:45
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

『光る君へ』「かの国」との交易と文化交流

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・...…
写真
イチオシ記事

「高野さんを怒らせたい。」の革新性

 2日に更新されたYouTube「高野さんを怒らせたい。」の最新作が、公開24時間で20万再生を超えるスマッシュヒットとなっている。 「高野さんを...…
写真