日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 古畑再放送で田村正和復活待望論

『古畑任三郎』再放送で沸き起こる“引退”田村正和への復活ラブコール!

文=日刊サイゾー

フジテレビ公式【FOD】‎より

 リアルタイムで観ていた人も、初めて観たという若い世代からも「めちゃくちゃ面白い」との声が上がっているのが、5月16日に関東地区で再放送された『ドラマ「古畑任三郎」3rd season最も危険なゲーム 前編・後編』(フジテレビ系)だ。

 同ドラマは1994年から2006年にかけて放送された三谷幸喜氏脚本の刑事ドラマ。田村正和演じる警部補・古畑任三郎がゲスト俳優演じる犯人の完璧なアリバイやトリックを巧みな話術と卓越した推理力で崩し、真相を解明していくというもの。

「ネット上では『名シーンは数えきれないから全話再放送してほしい』『やっぱり古畑任三郎大好きだ』『関東ズルい! 関西でもやってくれ』とのコメントが続出。一時はツイッターのトレンド入りするほどの大きな反響を呼びました」(芸能ライター)

 さらに、田村と三谷のタッグ復活を望む声も多数聞かれたという。

「三谷氏は朝日新聞に連載している『三谷幸喜のありふれた生活』の特別版で、全4回の小説『一瞬の過ち』内で、古畑任三郎が刑事役そのままで登場させているんです。新型コロナウイルスの影響でステイホームしている人たちに楽しい話題を提供しようという三谷氏の想いにより発案された企画で、三谷氏自身も犯人役として登場し、古畑と対決する構造となっている。76歳になる田村は、18年2月放送の単発ドラマ『眠狂四郎 The Final』(フジテレビ系)を最後に表舞台に立っていません。同作の試写を観た際、『これじゃダメだな』と痛感し、引退を考えるようになったとも言われています。役者人生の花道にぜひ小説をドラマ化して三谷氏と共演してもらいたいですね」(テレビ誌ライター)

 再放送や傑作選では、新たなナレーションが追加されることが多いが、次回放送される際には、ぜひ田村に登場してもらいたいものだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/05/19 07:30

『古畑任三郎』再放送で沸き起こる“引退”田村正和への復活ラブコール!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『半沢歌舞伎』これにて終幕!

第2シーズンも大ヒットとなったドラマ『半沢直樹』。最終回から“ロス”が止まらない!?
写真
人気連載

「セカンドの7番」論と“ダウンタウン病”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

からし蓮根がたどり着いた熊本弁漫才

2画面左からボケの伊織とツッコミの杉本青空(撮影=荒熊流星)  ついに明日、今年のNo....
写真