日刊サイゾー トップ > 芸能  > 道端アンジェリカ、復帰も需要ナシ

道端アンジェリカ、涙の復帰宣言も需要皆無? 起死回生には「女性誌での禊ヌード」しかない!?

文=日刊サイゾー

インスタグラム:道端アンジェリカ(@angelica_michibata)より

 昨年10月、当時の夫と共謀して現金35万円を脅し取ったとして、警視庁に恐喝の疑いで書類送検された道端アンジェリカが、約8カ月ぶりにインスタグラムを更新、復帰を宣言した。

 同時に、「スポニチアネックス」の取材にも答え、涙ながらに事件を釈明。「シングルマザーとして頑張ります」と決意を新たにした。実際に道端は事件に関して不起訴処分を受けており、芸能界復帰になんら問題はない。しかし、「モデルとしてもバラエティタレントとしても、もはや使いづらいのでは……」と話すのは、中堅芸能事務所マネージャーだ。

「道端さんは、そもそもジェシカとカレンと共に『道端三姉妹』として有名になりましたが、正直モデルとして一流なのはジェシカだけ。ほかの2人はバラエティ番組などで、セレブタレント風のトークを繰り広げることでなんとか需要があった状態。しかし、いまアンジェリカをトーク番組に呼んでも話せることがないでしょ(苦笑)。不起訴になったにしろ『恐喝の疑いで起訴された』なんて、いくらなんでもネタにできないしイメージが悪すぎる。かといってモデルとしても薹が立ち過ぎてるし……正直、前途多難だと思いますよ」

 ネット上でも「誰も復帰なんか待ってない」「YouTuberにでもなるのか?」と手厳しい意見があがっているが、一方で出版関係者は「ヌード披露の可能性ならある」と声を潜める。

「本人としてはシングルマザー売りをしたいみたいだけど、正直なにか飛び道具でもないと厳しいと思う。シングルマザーなんかごまんといるし、ママタレント自体が飽和状態ですから。ただ、女性誌でヌードを披露し、モデルとしての現役っぷりをアピールしつつ、『これだけスタイルが良くて一児の母!』といった売り出し方はできるかも。彼女にその覚悟があれば、手を差し伸べる出版社はいるでしょう」

 果たして、崖っぷちの道端に起死回生のチャンスはあるのか? “恐喝容疑”というダーティーなイメージを跳ねのけ、裸一貫で力強く復活する姿を見たいところだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/06/15 19:00

道端アンジェリカ、涙の復帰宣言も需要皆無? 起死回生には「女性誌での禊ヌード」しかない!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

テレビ不要時代の「TVerドラマ人気ランキング」

日刊サイゾー独自の「TVerドラマ人気ランキング」で人気ドラマをチェック!
写真
特集

BE:FIRST『BE:1』発売記念特集

〈BE:FIRSTが何なのか証明しよう〉さまざまな角度からBE:FIRSTの魅力に迫る!
写真
人気連載

安倍元首相の国葬に「れんほー!」

 今週のホットなニュース・トピックをピッ...…
写真
インタビュー

ハイローの未来にかける野心

 大ヒット公開中の映画『HiGH&L...…
写真