日刊サイゾー トップ > スポーツ > 野球  > 清原和博、球界での「評価と価値」

清原和博、“執行猶予”満了で本格始動!? 球界における「清原ブランド」の評価と価値

文=日刊サイゾー

清原和博

 覚せい剤取締法違反の罪で有罪判決を受けていた元プロ野球選手の清原和博氏が15日、執行猶予が満了したとFAXで報道各社に報告した。

 判決で懲役2年6カ月、執行猶予4年の有罪判決を受けた清原氏は自らの罪を改めて謝罪。その上で「どのように変われたか実感、自信が持てずにいるのが正直なところ」「(今後は)高校野球にささげたい」などと心境を綴った。

「薬物で犯罪を犯したのですから、これだけ法令順守が厳しい昨今において、評価も何もありません。正直、球界では仕事を振るのは厳しい」(スポーツ紙野球デスク)

 その中で今後、最も“カネ”になりそうなのはやはりYouTubeに代表されるような「動画サイト」への出演だろう。

「以前、PL学園高校時代の後輩、片岡篤史さんのチャンネルへの出演歴もあり、大きな話題を呼びました。今、球界では彼のほか高木豊、岩本勉、里崎智也らが頻繁に更新していますが、それこそ『番長チャンネル』を立ち上げることです。まともなスポンサーはつかないでしょうが、様々な事情により地上波テレビ局ではCM出稿できない企業などからは、注目度と再生回数の高さを見込んでオファーが殺到するのでは?」(中堅広告代理店関係者)

 腐っても“清原ブランド”健在とはまさにこのことだろう。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/06/16 14:20

清原和博、“執行猶予”満了で本格始動!? 球界における「清原ブランド」の評価と価値のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『半沢歌舞伎』これにて終幕!

第2シーズンも大ヒットとなったドラマ『半沢直樹』。最終回から“ロス”が止まらない!?
写真
人気連載

菅内閣は古傷が次々に暴かれる?

今週の注目記事・第1位「昼下がりのラブホ密会...…
写真
インタビュー

自己肯定感高い中国人マンガ、中の人

近頃Twitterでたびたびバズっている特徴的なマンガがある。白いウサギが中国や台湾の人...
写真