日刊サイゾー トップ > カルチャー > YouTube  > 石橋貴明、YouTubeで上々始動

起死回生策が見つかった!? 石橋貴明、YouTubeデビューで上々スタートのワケ

文=日刊サイゾー

とんねるず・石橋貴明

 地上波レギュラー番組が1本と崖っぷちに追いやられているお笑いコンビ・とんねるずの石橋貴明が19日、公式YouTubeチャンネル「貴ちゃんねるず」をスタート。その動向に注目が集まっている。

 すでに他のSNSも始めるなどデジタル時代に対応しようと必死な石橋。今回は、かつて自身の冠番組の名物スタッフだったテレビディレクターのマッコイ斉藤氏がサポートに入る。さっそく、石橋は大好きなスポーツに絡ませて、ニュース番組をやってみたいなど願望を語っている。

 中堅バラエティー番組スタッフは「開設から2日間で、チャンネル登録はすでに21万人を超えており、番組再生回数も120万回を突破。上々のスタートといっていいでしょう。若い世代はさておき、やっぱりとんねるずの名前はまだまだ使えるってことがある意味、証明されたと思う」と話す。

 では、バラエティー番組の敏腕スタッフを横に置き、石橋の起死回生策は見つけることができるのか。

「石橋の良さは破天荒、マニアック、独自ネタの3つ。これが合わさったとき、バズりますね。特に、石橋自身がおもちゃ箱のような感覚でチャンネルを活用できるかがポイント。地上波ではやれないこと、地上波以上に臨機応変にやれるか。大御所タレントだけに、これができれば広告などは後からちゃんとついてくる可能性は高い」(同)

 石橋自身、スポーツになぞらえてテレビ業界からの戦力外通告も意識しながら臨んだラストチャンス。再ブレークの起爆剤となるか注目したい。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/06/22 06:00

起死回生策が見つかった!? 石橋貴明、YouTubeデビューで上々スタートのワケのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

女優・宮下かな子が送るサブスクエッセイ

宮下かな子さんがサブスクで観た作品を元に、俳優の日常を綴るエッセイ連載
写真
特集

夏枯れ? 豊作? 夏ドラマをチェック!

『石子と羽男』『競争の番人』『オールドルーキー』etc…夏ドラマをチェック
写真
人気連載

『鎌倉殿』とは大きく違う史実の全成

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

あらびき団に出ているだけでは売れない……

『HITOSHI MATSUMOTO Pre...…
写真