日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 石橋貴明「スポーツ人脈」が不発

石橋貴明がYouTubeチャンネル開設も頼みの「スポーツ人脈」が不発に終わりそうなワケ

文=日刊サイゾー

 芸能界引退か、それとも人気YouTuberとして脚光を浴びるのか⁉

 とんねるずの石橋貴明が6月19日、自身のYouTubeチャンネルで動画を初配信した。石橋は18日深夜に放送されたおぎやはぎのラジオ番組に乱入すると、YouTubeチャンネルを開設したことを発表。「この1年やってダメだったら引退」と、自身の身の振り方について言及していた。

「初投稿の動画は『石橋貴明、58歳。YouTube、はじめるでしょ』のタイトルで、石橋とテレビディレクターのマッコイ斎藤氏とのやりとりが収録されています。『貴さんとノンコンプライアンスでYouTubeをやっていきたい』と意気込むマッコイ氏に、石橋は『エガちゃん(江頭2:50)みたいにはできない』と照れながらも新しいチャレンジに前向きな様子。次回はプロ野球開幕にちなんで石橋の野球観戦動画が配信されるようですが、石橋といえば、スポーツ界隈の人脈が豊富で、ラジオ番組では野球選手たちにメールしていることを明かしていました。おそらくYouTubeへのゲスト出演をオファーしているのだと思いますが、もし大物選手をブッキングできるようならチャンネル登録者数や動画再生数を一気に稼ぐことができるでしょう」(芸能ライター)

しかし一方で、「現実はそんなに甘くはなさそう」と語るのはテレビ関係者だ。

「石橋は4月より深夜帯で、『石橋、薪を焚べる』(フジテレビ系)に出演。焚火を囲みながらゲストと対談するという番組なのですが、これまで11回放送されたうち、初回のゲストはカンニング竹山で、その後も実業家、発酵学者、小児外科医といかにも小粒。こちらでもスポーツ人脈が期待されていましたが、現役メジャーリーガーの前田健太はいいとして、あとは丸山茂樹、上原浩治と『元選手』と、キャスティングの苦戦が見てとれます。プライベートでの交遊があったとしても、ビジネス絡みとなれば、ギャラの件を含めてそう簡単にはいかないのでしょう」

 地上波での居場所がなくなりつつある石橋が、ネットの世界でかつての輝きを取り戻せるのか注目だ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/06/20 21:00

石橋貴明がYouTubeチャンネル開設も頼みの「スポーツ人脈」が不発に終わりそうなワケのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

テレビ不要時代の「TVerドラマ人気ランキング」

日刊サイゾー独自の「TVerドラマ人気ランキング」で人気ドラマをチェック!
写真
特集

BE:FIRST『BE:1』発売記念特集

〈BE:FIRSTが何なのか証明しよう〉さまざまな角度からBE:FIRSTの魅力に迫る!
写真
人気連載

ローソン先行発売の新「ペヤング」レビュー

 今年はまじめな創作路線を突き進んでいる...…
写真
インタビュー

ハイロー監督に聞くLDHエンタメの真髄

K-POP、2.5次元、タピオカ、韓国ドラマ...…
写真