日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 『BG』ロケ再開も“3密”の危険

警備員を配置できない!? 木村拓哉ドラマ『BG』ロケ再開も、野次馬が殺到で“3密”の危険性

文=日刊サイゾー

木村拓哉

 新型コロナウイルスの感染拡大によって中断されていた各局のドラマ撮影もいよいよ再開。しかし、現場ではの混乱が生じることも少なくないという。

「各局がドラマの番組撮影における感染予防のためのガイドラインを作り、それに従って撮影が行われています。たとえば、スタッフは基本的にマスクとフェイスガードを着用、ロケに同行する人数も最小限にして、ソーシャルディスタンスを確保。演者も本番中以外はマスクを着用し、定期的にアルコール消毒を行っています」(テレビ局関係者)

 しかし、通常よりもスタッフが少なめであることの弊害も出ている。

「野外でのロケの場合、野次馬などが集まらないようにするために、警備スタッフを配置することも多いんですが、今はそれが難しいというんです。スタッフの数が多ければ、それだけ感染リスクが高まるし、警備スタッフの待機場所なども確保しにくい。その待機場所が3密になってしまいますからね」(同)

 作品によっては、多数の警備スタッフがいることで、現場が異様な雰囲気になることも多かったが、今はそういった光景はあまり見られないようだ。

「特にロケ時の警備が厳重だったのが、木村拓哉さん主演のドラマです。それこそ“メン・イン・ブラック”のような格好をした警備スタッフが何人も現場周辺にいて、近づけないどころか、遠巻きにでも中が覗けないようにすることがほとんどでした。

 しかし、現在撮影中の『BG』(テレビ朝日系)のロケ現場は、かつてのような厳重な警備は行われておらず、余裕で野次馬が集まれる状況になっているとか。スマホで木村さんの姿を撮影しまくる一般人も多いようです」(同)

 収録現場にこうした野次馬が多く集まれば、3密状態が生まれる可能性も高くなる。

「感染リスクを回避するために人員を減らしているのに、結果として3密状態となっているのは、さすがに問題アリ。撮影を再開したはいいけれど、感染防止のガイドラインがあまり意味がないような気もします。スタッフがフェイスガードをするよりも、人だかりにならないように撮影することこそが重要なんですけどね。はっきり言って、いまの撮影現場の感染防止策は形だけになっている部分もありますよね」(同)

 いかにして“コロナとともに行きていくか”が難しいテレビ業界。その正解が出るまで、試行錯誤が続きそうだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/07/01 06:45

警備員を配置できない!? 木村拓哉ドラマ『BG』ロケ再開も、野次馬が殺到で“3密”の危険性のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

キンプリ突然の崩壊!

ジャニーズのトップアイドル・King&Princeから突然、脱退を表明した平野・岸・神宮寺…今後どうなるかレポート!
写真
特集

今期は充実! 秋ドラマをチェック

『silent』『クロサギ』『エルピス』などなど…今期充実の秋ドラマをチェック
写真
人気連載

北条時房の“コミュ力”と兄・義時との関係

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

サウナ施設だけがサウナじゃない!

 エンターテインメント性の高さと選手たちのキ...…
写真