日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > AKB48グループ  > 指原莉乃、アイドルの炎上を釈明

指原莉乃、自身プロデュースアイドルの炎上を自ら釈明で安堵の声「これは誰も悪くない」

文=日刊サイゾー

 指原莉乃が自身がプロデュースを務めるアイドルグループ・=LOVEの炎上問題について言及した。

 =LOVE、≠MEは、1日、予定されていたシングルCD特典の個別握手会を「オンライン個別お話し会」に変更することを発表していたが、返金対応がないことで一部ファンから批判を集めていた。

 そんな中、指原は同日にツイッターを更新し、「オンライン個別お話し会」への変更について言及。「私達はCDを販売する立場ではないので、私達が何か強くて言えることもできず……」と自身に決定権はないとしつつ、「それでもこの状況で対策を考えてくださったレコード会社の皆さんに本当に感謝しています」と感謝した上で「私自身、アイドルファンとして、当日まで楽しみで眠れない日々を過ごしていた立場なので本当に悲しいです」とファンの気持ちに寄り添った。

 さらに指原は「皆さんの気持ちは痛いほどわかります」と共感しつつ、「矛先はメンバーに向かないようによろしくお願いします」とメンバーへの批判は止めるよう注意喚起。「この状況でこれからも応援してくださいとは堂々とは言えませんが、皆さんを楽しく明るくできるエンタメをたくさん提供すべく、スタッフ一同緊張を緩めず気を抜かず、取り組みたいと思います」と明かしていた。

 炎上の真っ只中に自身の意見を表明した指原にネット上からは、「発信してくれてありがとう!」「これは誰も悪くないし、しょうがないことだから心配しないで」「誠実に対応してくれて感謝しかない」という共感の声が集まっていた。

 対面でのイベントが難しい中、どのような対応でも少なからず批判が出てしまうが、指原自ら釈明したことに安心したファンも多かったようだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/07/03 18:00
関連キーワード

指原莉乃、自身プロデュースアイドルの炎上を自ら釈明で安堵の声「これは誰も悪くない」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『鬼滅の刃』はジブリ超え大ヒットになるか?

アニメ映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の興収が公開10日間で100億円突破で『千と千尋の神隠し』超え!?
写真
人気連載

『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』レビュー

「この映画は大音量で上映すべし」  ...…
写真
インタビュー

『踊る大捜査線』亀山Pが映画電撃復帰!

 興収101,5億円を記録した映画『踊る大捜査線 THE MOVIE』(98)、...
写真