日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 上沼恵美子、梶原をリストラ

上沼恵美子、キンコン梶原を事実上「リストラ」で 早くも“後枠”争奪戦へ

文=日刊サイゾー

上沼恵美子

 お笑いコンビ・キングコングの梶原雄太が、関西ローカルのテレビ、ラジオ番組『怪傑えみちゃんねる』(関西テレビ)、『上沼恵美子のこころ晴天』(ABCラジオ)を相次いで卒業したことが判明した。

 いずれの番組もタレント・上沼恵美子がメインで出演している。6月29日の『こころ~』では上沼が梶原の卒業をフライング発表。ユーチューバー・カジザックとして多忙な日々のため、テレビやラジオの出演の度に東京からの移動が「しんどいってことで。一応、卒業という形ですね」と触れていた。その後、梶原は火消しに躍起だったが、一部メディアでは梶原が不義理をしたり、テレビ番組の構成作家である上沼の次男が2人の仲の良さに嫉妬したという報道があり、騒ぎが大きくなっていた。

 お笑い関係者は「真相はさておき、我々サイドで気になったのはやはり梶原さんがどの流れで番組“降板”を決めたのかという点ですね。上沼さんが番組で話した、多忙が理由とはとても思えない。ただ、こんな形で注目されたら在阪テレビ他局のプロデューサーは梶原をなかなか起用しにくいと思いますよ。周囲が思っている以上に、上沼さんの影響力はやっぱり大きいですからね」という。

 さらに今後は梶原の“後枠”の奪い合いが激化するとみられる。

「ラジオ番組ではシャンプーハットのてつじが梶原と隔週でレギュラー出演していましたが、上沼さんはこれと思った芸人、タレントは有名無名を問わず積極的にレギュラーで起用しますから。関西ローカルのくすぶっている芸人、東京在住でそこそこ売れたけど現在はあまりパッとしないタレントなど、候補はたくさんいる。気に入ってもらえたらしばらくは仕事がありますから。こちらの方が注目でしょうね」(同)

 良くも悪くも注目度が高い“後枠”に誰が座るのか気になるところだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/07/04 07:00

上沼恵美子、キンコン梶原を事実上「リストラ」で 早くも“後枠”争奪戦へのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

眞子さま、佳子さまの「乱」の行方

今週の注目記事・第1位「新聞・TVが報じない...…
写真
インタビュー

高畑勲、宮崎駿も闘った東映動画労使対立の真相

 大塚康生、高畑勲、宮崎駿、幾原邦彦、細田守といったアニメーターや演出家を輩出し...
写真