日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > コンビニ新商品「Tuesday Morning Reviews」  > 【今週のコンビニ】梅雨を乗り切る系新商品

【今週のコンビニ】ジメジメする季節をスッキリさせるUHA味覚党グミがファミマ先行発売! 酸っぱい・辛い梅雨を乗り切る新商品

文=テキパキオ

 1年間に5000品超の新商品が並んでいる日本のコンビニエンスストア。本コラムでは、流通アナリスト・渡辺広明氏と主夫リーマン・テキパキオ氏が火曜朝に発売されるコンビニ新商品を独断と偏見でチェックし、そのポテンシャルを予測する。

【今週のコンビニ】ジメジメする季節をスッキリさせるUHA味覚党グミがファミマ先行発売! 酸っぱい・辛い梅雨を乗り切る新商品の画像1
カミキングじゃないの?

テキパキオ(以下パキオ):今週は「アイキャッチ」しそうな新商品が発売されました!
渡辺広明(以下渡辺):それは面白そうだね。コンビニでは約3000品が売り場に並ぶから、お客様の視線を奪うというのは商品開発でも大事なポイントなんだ。

パキオ:まずはローソンの「カンロ カミクイーンGOLD」(税込み188円)なんですが、「噛王」と書いて「カミクイーン」と読ませるところが笑っちゃいました。パッケージもゴージャスな感じで、一世を風靡したパチスロ機「ミリオンゴッド」みたいです。

渡辺:なるほど、「噛み」と「神」がかけてあるんだね! 「王」がつくヒット商品といえばロッテのアイス「モナ王」があるけどそこまでヒットするかな……。というのも、コンビニのグミ売り場は百花繚乱といえるくらい多くの商品が並んでいます。かつてはレジ前のエンドといえばガムの定位置だったけど、今ではほとんどの店舗でグミがずらりと吊り下げられていますからライバルが多すぎるとも言えます。

パキオ:確かに。明治の「果汁グミ」、UHA味覚糖の「コロロ」、カンロの「ピュレグミ」と定番ブランドは強そうですね。

渡辺:そう。さらに言うと、外国人は「HARIBO」(三菱食品)が大好き。ヨーロッパでは知らない人がいないといわれるほどのブランドで、世界最大のグミメーカーなんだ。

パキオ:おぉ、「噛王」も噛みごたえ重視のハードグミなので、世界の「HARIBO」を相手にしなくてはならいのか。大変ですね。でも、「噛王」はエナジーゴールドキウイ味、エナジーグレープ味、エナジーゴールドパイン味とエナジードリンクブームにも乗っかっていますから!

渡辺:僕の舌ではエナジー味を認識できなかったけど、とりあえず硬かった。でも、特徴が少ないと採用すらされないくらい激戦区だからね。そんな中違う方向で売っているのが、ファミマ先行発売の「UHA味覚糖 リセットうめグミ」(税込み111円)。機能性表示食品という強みがあるグミも増えているんだ。

【今週のコンビニ】ジメジメする季節をスッキリさせるUHA味覚党グミがファミマ先行発売! 酸っぱい・辛い梅雨を乗り切る新商品の画像2
見ただけで口が酸っぱい。

パキオ:なるほど。クエン酸が入っているから「疲労感を緩和」と表示できるし、すっぱいのは働く女性にウケそうですね。

渡辺:僕はすっぱいのが苦手なので、ひとつ食べたらもう十分って感じだった。ただUHA味覚糖はグミサプリだけじゃなく、ラムネのサプリなんかも出していて売り場で存在感を放つのが非常に優れていると思います。

パキオ:はい。梅味つながりで面白い新商品がもうひとつあって、それがファミマのカップ味噌汁「5種の海藻 梅風味」(税込み138円)です。製造元は永谷園です。

【今週のコンビニ】ジメジメする季節をスッキリさせるUHA味覚党グミがファミマ先行発売! 酸っぱい・辛い梅雨を乗り切る新商品の画像3
酸っぱい味噌汁、ありそうでなかった?

渡辺:梅味のお味噌汁なんておいしいの!? 聞いたことがない。

パキオ:すっぱそうで飲みたくないって思いましたよね? でもこれ、そんなにすっぱくないですよ。味噌はカップ味噌汁では定番のフツーのだし入りみそで、具材のところに乾燥した梅フレークが入ってるだけ。ちなみに海藻5種はわかめ、海苔、昆布、青のり、つのまたで見た目で違うのは赤っぽいつのまただけ。梅フレークもたっぷり入っているわけじゃないので、梅茶漬け風の味噌汁という味わいでした。

渡辺:確かに、思ったよりもすっぱくないし、永谷園製造と聞くと余計にお茶漬けっぽいね。カップ味噌汁はスーパーよりもコンビニで品揃えが充実しているところが象徴的な商品です。各社ともカップ味噌汁だけで10種近く陳列してるから、それだけコンビニでニーズがあるってことだけど定番の豚汁、なめこに比べると〝変化球〟としてもパンチ不足な気がしました。

パキオ:わかります。正直、5種の海藻っていわれるより「わかめ」「あおさ」とシンプルなお味噌汁のほうが飲みたくなる。最後はカップに近い商品でもあるカップスープで、ローソンの「カレーは飲み物。赤カレースープ」(税込み198円)を取り上げましょう。人気カレー専門店のコラボ商品第2弾です。製造元は旭松食品です。

 

【今週のコンビニ】ジメジメする季節をスッキリさせるUHA味覚党グミがファミマ先行発売! 酸っぱい・辛い梅雨を乗り切る新商品の画像4
ネタかと思った。

渡辺:「カレーは飲み物。」というのも、アイキャッチする名前だね。ただ探すのに苦労して、都心のローソンを5店舗回ってやっと見つけました。採用率が低いんだろうけど、新商品はどこの店舗で採用されているのかホームページで告知してほしいと思った。

パキオ:1万店舗以上あると告知するのが大変なのでは?

渡辺:いやいや無駄足を踏むお客様が減るし、新商品を採用した店舗の売上が上がるし、こういう仕事を本部がやるべきなんですよ!

パキオ:(スープを飲みながら)これ、おいしい。ごはんはもちろんパンと一緒に食べてもいいと。カレースープってあるようでなかったからリピートしたくなりました。

渡辺:辛くない? 僕は辛いのも苦手なんですよ。

パキオ:まだ添付のハバネロソースを入れてないから、全然辛くないです。「味変しながら飲め」って書いてあるのもいいですね。5月に発売された「カレーは飲み物。黒カレースープ」はレモン果汁つきの味変ですっきりでしたけど、今回はしっかり辛くさせる方向でよりよくなっている気がします。

渡辺:……やっぱり辛いじゃん! パッケージがかわいいのは認めるけど。

【今日のまとめ】

・グミ売り場は新商品も定番も超激戦
・機能性表示食品グミは別の棚にもちゃっかり進出している
・カップ味噌汁はスーパーよりもコンビニで選ぶのが楽しい

渡辺広明(わたなべ・ひろあき)

渡辺広明(わたなべ・ひろあき)

浜松市出身。2児の父。マーケティングアナリスト、日本唯一の流通アナリスト、コンビニ評論家、流通ジャーナリスト、約730品の商品開発に携わるマーケター、元コンビニバイヤー、元コンビニ店長、現コンビニアルバイター、「浜松市やらまいか大使」(観光大使)など、さまざまな顔を持つ。フジテレビ『Live Newsα』レギュラーコメンテーター『ホンマでっか⁉TV』レギュラー評論家として活躍する他、スポーツ紙「東京スポーツ」に連載を持ち、ニュース・ワイドショー・新聞・週刊誌・ラジオなどのコメント・講演会・アドバイザリー・顧問業などでも幅広く活動中。趣味は「ドラゴンズ熱烈応援」「時折フルマラソン」「発展途上国の教育支援(ガーナ・ラオス)」。著書に『コンビニが日本から消えたなら』(KKベストセラーズ)

テキパキオ

テキパキオ

都内に住む30代サラリーマン。小学生のとき、母親の手伝いで料理に目覚め、兄の夜食を作るようになる。大学時代にはカジュアルイタリアンの厨房でアルバイト。就職後は自炊することがなかったが、3年前にアーティストとして働く妻と結婚して家事全般を担当。猛スピードで掃除洗濯をこなす様子から妻に「テキパキオ」と名付けられる。PB食品の食べ比べがスーパーの売り場徘徊が趣味。蛇口とシンクを磨くのが好きで、行きつけの飲み屋の閉店作業に加わりがち。

Twitter:@@tekipakio

最終更新:2020/07/12 15:00
関連キーワード

【今週のコンビニ】ジメジメする季節をスッキリさせるUHA味覚党グミがファミマ先行発売! 酸っぱい・辛い梅雨を乗り切る新商品のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ第2波で芸能界も大混乱

新型コロナ第2波で芸能人も続々と感染…
写真
人気連載

注目のバディムービー2本レビュー

 ひとりでは事件は何も起きないが、価値観...…
写真
インタビュー

PANTA「頭脳警察」伝説

「3億円事件」の指名手配写真をジャケット画にしたデビューアルバムは発売中止、セカンド...
写真