日刊サイゾー トップ > エンタメ > 連載  > M-1で起きた4つの「うねり」
テレビウォッチャー・飲用てれびの「テレビ日記」

『M-1』下馬評を覆したミルクボーイの漫才と、4つの「うねり」

文=飲用てれび(いんよう・てれび)

『M-1グランプリ2019』(テレビ朝日系)

テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週(12月15~22日)に見たテレビの気になる発言をピックアップします。

松本人志「過去最高って言ってもいいのかもしれないですね」

 ミルクボーイの優勝が決まり、すべてが終わった舞台の上で、松本人志は今年の『M-1』をこう評した。

「過去最高って言ってもいいのかもしれないですね」

 10組の漫才師がネタを披露していく中で、爆発力のある笑いが次々と起きた。約3時間半の生放送中に、会場、審査員、出場芸人を巻き込む「うねり」が何度も生じた。優勝の行方を左右する番組の空気がその都度、大きく変わった。そんな22日の『M-1グランプリ2019』(テレビ朝日系)は確かに、過去最高の大会だったのかもしれない。

 最初の「うねり」は、ファーストラウンドが始まって早々に起きた。笑神籤(えみくじ)によって、2組目に名前が呼ばれたのは、かまいたち。ボケ役の山内健司とツッコミ役の濱家隆一から成る彼らは、3年連続で『M-1』の決勝に進出している実力派だ。そして、大会の規定により、結成15年目のかまいたちは今年が『M-1』に挑戦できる最後の年でもあった。

 ネタは、銀行のUFJとテーマパークのUSJを間違えた山内が、その間違いを相方の濱家になすりつけようとするというもの。たったそれだけのやりとりだが、手を替え品を替え屁理屈を繰り出す山内と、それに振り回される濱家のやりとりがずっとおかしい。特に終盤、山内は濱家に「逆の立場になって考えてみて」と言い、次のように主張する。

「もし俺が謝ってこられてきてたとしたら、絶対に認められてたと思うか?」

 文字に起こして改めて読んでみても、やはり意味がわからない。音だけだとなおさらだ。それまで怒りのボルテージを尻上がりに高めながらツッコんでいた濱家も、困惑した表情で「どういう意味?」と問い返す。その声を合図に、客席が笑いで破裂する。

 日本語として意味を成さない言葉が、ボケとして意味を成してしまう。そんなところに、2人はその掛け合いだけで到達してしまった。

 ここで一度、番組の空気は大きく動いた。かまいたちがその実力を見せつける形で、優勝トロフィーに手をかけた。

1234

『M-1』下馬評を覆したミルクボーイの漫才と、4つの「うねり」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

実話ベースの珠玉作『義足のボクサー』

 檻の中に閉じ込められていた魂が自由を手に入...…
写真
インタビュー

家族を介護する“ヤングケアラー”の孤独と本音

 18歳未満で家族の介護に携わっている人のことを「ヤングケアラー」と呼ぶ。  家族に...
写真