日刊サイゾー トップ > スポーツ > 野球  > プロ野球で直面した“ヤジ問題”

阪神・藤川球児に辛らつな言葉が! プロ野球5000人の観客試合で直面した“ヤジ問題”

文=日刊サイゾー

阪神タイガース公式サイトより

 コロナ禍で無観客試合が続いていたプロ野球は7月10日、ようやく最大5,000人までの観客試合が認められたが早くも「ヤジ問題」に直面している。

 オリックス・バファローズ対北海道日本ハム・ファイターズ戦が行われた京セラドーム大阪では、一塁内野席から投手に向かって「打たれろ!」とヤジが飛び、これに三塁側に座ったファンが“応戦”する事態に。笑い声さえ漏れる状況に打者が打席を外すシーンがあったという。

 阪神タイガース対横浜DeNAベイスターズ戦があった甲子園球場では、阪神のチャンスで正捕手の梅野隆太郎が凡退すると「アホ!」と厳しい声が飛んだ。さらに、雨の中プレーしていたDeNAの主砲・ソトにも「早く帰れ!」とブーイングがあったという。

「現時点で声を張り上げての声援は全球場、禁止されています。ところが、阪神を含め複数の球団はアルコール類の販売開始を踏み切った。理由を探ってみるとこれまで無収入だったことから、少しでも赤字を埋めるには手っ取り早い策だからとのこと。酔っ払いが増えれば当然、ヤジも多くなるし声も大きくなるのは目に見えているのに……。起死回生策と思われがちですが、現場はかなり冷や冷やしているのが目に浮かびます」(球界関係者)

 また、こんな声もある。

「11日の同試合では阪神の抑えの藤川球児投手が打ち込まれて痛恨の逆転負け。地元テレビ局の地上波テレビ中継でも、かなり辛辣なヤジがそのままオンエアに乗っていました。これまでは声援が大きいので、それらもかき消されていましたが、間違いなく他球場よりも甲子園でのヤジの多さは飛びぬけている。今後、負けが込めば放送禁止用語が電波に乗らないか心配です」(テレビ局スポーツプロデューサー)

 8月からは各球場での収容人数はさらに増える予定だけに、今から早急なヤジ対策が求められる。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/07/13 12:00

阪神・藤川球児に辛らつな言葉が! プロ野球5000人の観客試合で直面した“ヤジ問題”のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

テレビ不要時代の「TVerドラマ人気ランキング」

日刊サイゾー独自の「TVerドラマ人気ランキング」で人気ドラマをチェック!
写真
特集

BE:FIRST『BE:1』発売記念特集

〈BE:FIRSTが何なのか証明しよう〉さまざまな角度からBE:FIRSTの魅力に迫る!
写真
人気連載

ローソン先行発売の新「ペヤング」レビュー

 今年はまじめな創作路線を突き進んでいる...…
写真
インタビュー

ハイロー監督に聞くLDHエンタメの真髄

K-POP、2.5次元、タピオカ、韓国ドラマ...…
写真