日刊サイゾー トップ > 海外 > 社会(トンデモ)  > 中国で妊婦が洪水出産

水に浮かぶいかだを分娩台わりに!? 豪雨続く中国雲南省で妊婦が洪水のなか出産! 赤ん坊の名前はまさかの……

文=廣瀬大介(ひろせ・だいすけ)

水に浮かぶいかだを分娩台わりに!? 豪雨続く中国雲南省で妊婦が洪水のなか出産! 赤ん坊の名前はまさかの……の画像1
近隣住民によって運ばれ、洪水の中、分娩が行われている様子(捜狐網)

 7月4日から続いた断続的な暴雨の被害は九州全体に広がった。住宅被害は約1万2000棟、死亡者は60名以上となる見通しだ。梅雨前線の停滞は今後も続き、被害はさらに広がることが予想されている。

 ところで、お隣の中国でも暴雨による洪水被害が拡大しており、すでに1200万人もの市民が被災していることが報じられている。こうした中、奇跡的な生命の誕生について地元メディアが報じている。

 中新網(7月3日付け)は、雲南省昭通市で水中出産ならぬ洪水出産が行われたことを伝えている。記事によると、同市では連日続く暴雨の影響で各地で洪水の被害が深刻化していたという。そんな中6月30日、市内在住で臨月を迎えていた女性は陣痛の予兆を感じ、夫が救急車を要請した。しかし、市内の道路の多くはすでに水没していたため彼女の自宅まで救急車はたどり着くことができなかったのだ。

 女性の自宅周辺も水没していた中、近隣住民たちは女性を救急車まで運ぶため、タイヤなどを利用し簡易いかだを制作したのである。いかだ乗った妊婦は、住民たちに引っ張られながら近くの救急車まで運ばれていたのだが、その途中陣痛が始まってしまったのだ。

 洪水に浮かぶいかだの上で突如始まってしまった陣痛に、近くの救急車で待機していた医師はいかだ上での分娩を決めた。医師が立ち会う中、この女性は無事男児を出産した。母子ともに健康に問題はなく、世界初と言える今回の洪水出産に対し、ネット上では祝福のコメントが寄せられている。

 男児の両親は、メディアの取材に対し、洪水という困難な環境の中生まれた子どもに「水生(シュイション)」という名前を名付けたことを語っている。

水に浮かぶいかだを分娩台わりに!? 豪雨続く中国雲南省で妊婦が洪水のなか出産! 赤ん坊の名前はまさかの……の画像2
警察署で誕生した赤ちゃんと関係者たち(雲南網)

 洪水被害の中での奇跡的な出産は、同じ雲南省で他にも報告されている。今月5日深夜、雲南省德宏州では、出産間近の妊婦を乗せた救急車が病院に向かっていた。しかし、暴雨による洪水の影響で走行が困難となっていた。救急隊員が近くの警察署に相談したところ、警察署員は署内に簡易の分娩室を作りそこで出産することを提案。妊婦が署内に搬送され、わずか5分後に無事女児を出産した。

 洪水の中、無事に誕生した小さな命たちは、この先の人生もきっと力強く生きてくれることだろう。

廣瀬大介(ひろせ・だいすけ)

廣瀬大介(ひろせ・だいすけ)

明治大学卒業後、中国の重慶大学へ留学。メディア論を学び、帰国後は中国の社会問題についてウェブメディアを中心に執筆している。

最終更新:2020/07/16 18:00
関連キーワード

水に浮かぶいかだを分娩台わりに!? 豪雨続く中国雲南省で妊婦が洪水のなか出産! 赤ん坊の名前はまさかの……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『鬼滅の刃』はジブリ超え大ヒットになるか?

アニメ映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の興収が公開10日間で100億円突破で『千と千尋の神隠し』超え!?
写真
人気連載

『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』レビュー

「この映画は大音量で上映すべし」  ...…
写真
インタビュー

ブレイク間近、アインシュタイン登場

 関西ではすでに和牛やアキナと並び、抜群の人気を誇るアインシュタイン。そして現在、ボ...
写真