日刊サイゾー トップ > 社会 > 海外  > セグウェイ生産停止はジャッキーの呪い?

セグウェイ生産停止はジャッキー・チェンのせい!?「デス広告塔」伝説に香港人は「ジャッキーが擁護する中国もそろそろ……」と期待感

文=中山介石(なかやま・かいすけ)

セグウェイ生産停止はジャッキー・チェンのせい!?「デス広告塔」伝説に香港人は「ジャッキーが擁護する中国もそろそろ……」と期待感の画像1
セグウェイのイメージキャラクターを務めていたジャッキー・チェン(「ezone」より)

 立ち乗り式電動二輪車「セグウェイ」の生産が7月15日に終了することが明らかになった。ネットでは惜しむ声が多く寄せられているが、香港では意外な人物に注目が集まっている。

 それは香港が産んだスーパースター、ジャッキー・チェンだ。

 実はジャッキーには「デス広告塔」という不名誉な称号がある。これまで数々の商品の広告塔を務めてきたジャッキーだが、その商品や会社が不幸に見舞われるケースが多発しているのだ。

 ファミコンもどきの中国産ゲーム機「小霸王」は、ジャッキーがイメージキャラクター就任直後に倒産。1998年にCM出演していた食品メーカー「汾煌食品」の中国産コーラ「汾煌可楽」も、2001年頃には市場から消えている。また、長年広告塔を務めた三菱自動車は、軽自動車の燃費偽装問題をきっかけに日産自動車が筆頭株主になっている。といったように枚挙にいとまがないが、冒頭で述べたセグウェイもそのひとつだというのだ。

「ezone」(6月29日付)などによると、ジャッキーは2008年にセグウェイの広告塔を務めると共に、中国地区での代理販売にもかかわっていたという。セグウェイは、2015年には小米科技(シャオミ)の子会社Ninebotに買収されたが、デス広告塔の強力な呪いは回避できなかったようだ。

 そんなジャッキーに対し、ネット上では「いつ中共の広告塔をやってくれるの?」「ジャッキー・チェンは中国人の広告塔」などといったいじりコメントが香港人から多く寄せられた。

 中国人民政治協商会議委員を務める親中派のジャッキーは、すっかり香港人の敵となり、「香港国家安全維持法」の導入を支持したことでも批判を浴びているが、彼らにとって、ジャッキーが正式に中国共産党の広告塔を務め、デス広告の呪いが発動されることは切実な願いのようだ。

中山介石(なかやま・かいすけ)

中山介石(なかやま・かいすけ)

1970年、神奈川県横浜市生まれ。日本の食材をハンドキャリーで中国に運ぶ傍ら、副業として翻訳・ライター業に従事している。

最終更新:2020/07/13 11:00

セグウェイ生産停止はジャッキー・チェンのせい!?「デス広告塔」伝説に香港人は「ジャッキーが擁護する中国もそろそろ……」と期待感のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ第2波で芸能界も大混乱

新型コロナ第2波で芸能人も続々と感染…
写真
人気連載

渡部建、復帰番組が打ち切りへ

「週刊文春」(文藝春秋)に複数女性との品性下...…
写真
インタビュー

百田尚樹の“変節”読み解く

 『永遠の0』(講談社文庫/単行本は太田出版、2006年)などで知られる小説家であり...
写真