日刊サイゾー トップ > 芸能  > 木下優樹菜、プラチナム鉄の掟を破る

木下優樹菜、退社の背景にプラチナム「不倫は一発アウト」のルール! 不貞行為は恫喝より重罪

文=日刊サイゾー

木下優樹菜、退社の背景にプラチナム「不倫は一発アウト」のルール! 不貞行為は恫喝より罪が重い?の画像1
木下優樹菜

 芸能活動再開を宣言した5日後に、所属していたプラチナムプロダクションを退社し、芸能界を引退すると発表した木下優樹菜。その後、サッカー選手や、俳優兼ラッパーなど、複数の男性との交際疑惑が浮上することとなった。

 公式サイトでプラチナムは、〈当社として今後同人との信頼関係を維持することが著しく困難であると判断し、また本人からの申し出を受けたため〉と、退社の理由を説明。この部分について、周辺事情に詳しいメディア関係者はこう話す。

「“信頼関係を維持することが著しく困難”になったというのは、間違いなく木下が不倫をしていたということでしょう。というのも、タレントのプライベートに対して比較的寛容なプラチナムにおいて、絶対的なタブーとされているのが不倫なんです」

 かつて、プラチナム所属の女性タレントが、同じくプラチナム所属の小倉優子の元夫と不倫関係にあったことが発覚し、契約解除になったことがあった。

「プラチナムの所属タレントはアイドルも含めて、基本的に恋愛NGということはない。でも、結婚している相手との恋愛は絶対にNGというルールになっているんだそうです。事務所の関係者も“ウチは不倫をしたら即クビですから”なんて話していましたよ。小倉さんの元夫の相手などは、まさにそのルールを破って即クビになった形です」(同)

 相手が有名人だろうが、そうでなかろうが、不倫は一発アウトなのだという。

「プラチナムはグラビアタレントやレースクイーン系も多く、怪しい金持ちのおっさんが近寄ってくる機会も少なくない。そういうリスクを回避するための“不倫は一発アウト”のルールなのかもしれません。プラチナムの所属アイドルグループには、不可解な形で辞めたメンバーも何人かいますが、その中にも不倫ルールを破ったタレントがいたようです」(同)

 タピオカ恫喝騒動ではクビにならなかったのに、今回は即退社となった木下。その背景に、プラチナムならではの不倫に対する厳しいルールがあるのは間違いなさそうだ。さらに芸能記者は木下の不倫が「過去の過ち」ではないことを指摘する。

「プラチナムが看過できなかったということは、木下が結婚していた頃の不倫を咎められたというよりも、現在進行形で結婚している相手と不倫関係にあると考えたほうが自然でしょう。疑惑の相手も特定され始めており、まだまだ波紋は広がりそうです」(芸能記者)

 木下の修羅場はまだまだ続きそうだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/07/18 12:00

木下優樹菜、退社の背景にプラチナム「不倫は一発アウト」のルール! 不貞行為は恫喝より重罪のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『鬼滅の刃』はジブリ超え大ヒットになるか?

アニメ映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の興収が公開10日間で100億円突破で『千と千尋の神隠し』超え!?
写真
人気連載

『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』レビュー

「この映画は大音量で上映すべし」  ...…
写真
インタビュー

末吉9太郎が語る自粛中のオタク

 新型コロナウイルス感染拡大に伴い、「自粛」の名の下にエンタメ界ではコンサートやイベ...
写真