日刊サイゾー トップ > カルチャー > YouTube  > 迷惑系へずまりゅうに巨額賠償金

関連の感染者が続出!? 迷惑系YouTuber・へずまりゅうが“巨額の賠償金”を請求される可能性

文=日刊サイゾー

イメージ画像/出典:Hamatti

 愛知県・大村秀章知事は20日の記者会見で、県警岡崎署に窃盗容疑で逮捕された後に新型コロナウイルスの感染が確認されたYouTuber・へずまりゅう(本名・原田将大)容疑者との関連で、県内から7人の感染者が出たことを明らかにしたことを、各メディアが報じた。

 原田容疑者は同県岡崎市内の大型商業施設の食品売り場にあった魚の切り身を会計前に食べた動画をYouTubeに投稿。窃盗の疑いで今月11日に山口県内で逮捕された。その後、13日に発熱し、15日に感染が確認され、16日に愛知県内の医療機関に入院していた。

 大村知事によると、愛知県内では19日までに、男に同行した20代の友人男性、山口県から護送車両に同乗した男性警察官3人、岡崎署の留置施設にいた男性容疑者2人、警察官の妻が感染。ただし、県内での原田容疑者との濃厚接触者は特定済み。また、山口県から警察車両で護送されており、一般の愛知県民と接触する機会はなかったという。

「山口県内でも続々と感染者が判明し、なんと感染を疑う800件近い相談が関係各所に寄せられているのだとか。今回のコロナ禍において、公になっている中で最も多くの感染者を出してしまった。普段からマスクをしていなかった原田容疑者だが、果たしてどこで感染したかが気になるところです」(全国紙社会部記者)

 原田容疑者は6月29日から逮捕されるまでに東京、千葉、静岡、広島、山口の1都4県に滞在していたことが判明。その中には、大型テーマパークも含まれているが、今後、巨額の損害賠償を請求される可能性も否定できない。

「もし、テーマパークで接触した従業員や客から感染者が出たら損害賠償請求されることも。“着用のご協力”を徹底しているにも関わらず、マスクをしていなかったのだから過失は明らかに本人にある。とはいえ、すでにYouTubeでの収入が途絶えてしまっているのですが……」(同)

 回復した原田容疑者には愛知県警の厳しい取り調べと、“生き地獄”が待ち構えているようだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/07/21 10:00

関連の感染者が続出!? 迷惑系YouTuber・へずまりゅうが“巨額の賠償金”を請求される可能性のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ第2波で芸能界も大混乱

新型コロナ第2波で芸能人も続々と感染…
写真
人気連載

渡部建、復帰番組が打ち切りへ

「週刊文春」(文藝春秋)に複数女性との品性下...…
写真
インタビュー

『解放区』は何が問題だった?

 令和元年を象徴する、火傷しそうなほどに熱いインディーズ映画『解放区』が現在公開中だ...
写真