日刊サイゾー トップ > カルチャー > YouTube  > はじめしゃちょーが迷惑系に被害

はじめしゃちょーが“コロナ拡散”の迷惑系YouTuberに襲撃された被害を告白

文=日刊サイゾー

UUUM公式サイトより

 山口県は7月17日、新たに3人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。うち2人は、愛知県警が11日に窃盗容疑で逮捕し、その後新型コロナ感染が確認されたYouTuber『へずまりゅう』と山口県内で接触していたという。

 山口県の村岡嗣政知事も「なんて事をしてくれるんだ」と激怒したが、『へずまりゅう』とは、有名人に突撃し、勝手に動画を撮影して売名行為を行う“迷惑系YouTuber”。その被害に遭っていた一人が人気YouTuberのはじめしゃちょーだった。

 7月15日、自身の公式YouTubeチャンネルに「へずまりゅうと迷惑行為について。」というタイトルで動画を投稿。過去に散々絡まれてきたものの、事務所と相談し、「自分から情報発信すると彼の知名度を上げるだけ」と、完全無視を貫いていたそうだが、今回本人の逮捕を受け重い口を開いた。

「『へずまりゅう』ははじめしゃちょーの家の近くのコンビニに一週間程度張り込み、家の周囲で『はじめ~い!』と大声をあげるなど、近所迷惑の行為をしていたそう。また、無許可でカメラを向けてきて、はじめしゃちょーを煽り、暴力かわからない絶妙なラインで肩をぶつけてくるのだとか。この動画を見た視聴者からは、『はじめんの対応賢い!』『最後まで相手にしなかったはじめさんの勝利ですね』『色々考えて、表に出さないようにしていたの素敵です』と、絶賛するコメントが寄せられています」(芸能ライター)

 はじめしゃちょーの他にも、ラファエルやシバター、コレコレなどの有名ユーチューバーたちも被害に遭っていた模様。

「彼の手口は、『自分のしていることはあくまでも人の嫌がることだから、犯罪ではない』と言い訳し、相手が反応するまでしつこく追いかけ回すというもの。今回の逮捕容疑は別件ですが、多くのYouTuberは胸を撫で下ろしているのではないでしょうか」(前出・芸能ライター)

 はじめしゃちょーの動画をきっかけに、“迷惑系”と名乗るYouTuberがいなくなると良いのだが……。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/07/20 06:30

はじめしゃちょーが“コロナ拡散”の迷惑系YouTuberに襲撃された被害を告白のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

セブン「ぷるっぷる葛メロン」で昇天

1年間に5000品超の新商品が並んでいる日本のコ...…
写真
インタビュー

片山監督推薦の“韓国サスペンス作品”

――近年『新感染』『神と共に』など、国内でもメガヒット作を連発している韓国映画。そし...
写真