日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 花田優一、YouTube辞める

花田優一、登録者数の大爆死で「YouTube辞めます!」宣言が残念すぎるワケ

文=日刊サイゾー

インスタグラム:花田優一(@yuichihanada_shoe)より

 元貴乃花親方の息子で、イケメン靴職人として注目を集めたタレントの花田優一が7月17日、自身の公式YouTubeチャンネルの中で「YouTube辞めます!」と、発表した。

 この動画の中で、花田は「僕はYouTubeという媒体に向いていないんじゃないか」と、悲痛な胸の内を明かし、今後は別の媒体で発表していきたいと告げた。

 同チャンネルは、2019年11月から始動。しかし、デビュー当初の誠実そうなイケメンとは異なるパリピ風のトップ画像に加え、音声のみのラジオ風動画のためか、登録者数は現時点で622人。「大ッ嫌いな親父へ」と、有名な父親の名前を使った動画でも再生回数は1万足らずと、他芸能人のYouTubeと比べても微々たる数字だった。

 ネット上では、「こいつまだいたの?」「完全に忘れてたわ」「二世タレントの無駄話とか興味ない」と、厳しい声も上がった。

 YouTubeに詳しいライターは、花田のチャンネルをこう分析する。

「彼は生まれた時から恵まれた環境にある、いわゆるおぼっちゃま。YouTubeももう少し注目されると思ったのでしょうが、思ったよりも再生回数が振るわなかったためか、1年もたたずにドロップアウトしてしまいました。しかし、イケメンに加え、元貴乃花親方の息子という肩書、そしてしゃべりもそこそこ上手いので、これがもし普通の動画ならば、今後成功する可能性はいくらでもあったので、すぐに辞めてしまうのはもったいない。

 花田の動画は靴の話が多く、それだけだと視聴者層が狭まる。こうした路線が数字が伸びなかった要因ではないでしょうか。残念なのは、YouTubeという媒体をまったく理解していないところ。音声のみではなく、ここはベタですが、有名なYouTuberとのコラボや、人気の大食いや激辛チャレンジなどを企画して、もう少し続けてもらいたかったですね」

 YouTubeという名の「土俵」を降りた花田だが、今後は本業である靴職人として、しっかりと地に足をつけ活躍してもらいたいものだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/07/22 18:00

花田優一、登録者数の大爆死で「YouTube辞めます!」宣言が残念すぎるワケのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『鬼滅の刃』はジブリ超え大ヒットになるか?

アニメ映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の興収が公開10日間で100億円突破で『千と千尋の神隠し』超え!?
写真
人気連載

『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』レビュー

「この映画は大音量で上映すべし」  ...…
写真
インタビュー

女優・小川紗良、初の長編映画

 2019年、連続テレビ小説『まんぷく』(NHK総合)に出演して以降、『フォローされ...
写真