本多圭の「芸能界・今昔・裏・レポート」

はるな愛の監督作『mama』で注目集める「吉野のママ」と高倉健の交友録

文=本多圭(ほんだ・けい)

はるな愛公式ブログより

 タレントのはるな愛が、初めて監督を務めた映画『mama』が7月中旬から都内で公開されている。主演は、六本木のゲイバー『吉野』を営み、“伝説のゲイボーイ“と称される吉野寿雄さん(90)。“吉野のママ”と聞いて筆者が思い出したのは、故・高倉健さんの“夜明けのコーヒー“だった。

 1930年に東京で生また吉野ママは、戦後初のゲイバーとされる新橋の『やなぎ』を経て、33歳で、六本木にゲイバー『吉野』をオープン。店には、政財界人のみならず、石原裕次郎さんや美空ひばりさん、“ミスター・ジャイアンツ”こと長島茂雄さんら有名人が訪れたが、高倉健さんもその一人だった。

 人付き合いが苦手で酒も飲まない健さんは、客が帰った夜明けに一人、『吉野』のカウンターでコーヒーを飲むのが常だった。吉野ママは、1965年に公開された健さんの“網走番外地シリーズ『網走番外地 北海篇』に端役で出演しているが、健さんとはかなり昔からの付き合いだったようだ。

 筆者は「週刊ポスト」(小学館)の専属記者時代、義兄の紹介で、表参道の地下にあるスナック『C』に通っていた。同じフロアには女優・内田有紀の父親が経営するサパークラブやスナックがあった。その『C』のマスターがゲイだったことから、『吉野』を紹介され、筆者も何度か遊びに行った。

 ちょうどその頃、健さんは映画『幸福の黄色いハンカチ』(77年公開)、『遙かなる山の呼び声』(80年公開)、『駅 STATION』(81年公開)の3作で共演した女優・倍償千恵子との熱愛が噂されていた。理由は、深夜、健さんの車が倍償の自宅マンション近くにたびたび停めてあったからで、“通い夫”といった内容で報じられた。

 しかし実際は、健さんは、倍償の自宅マンションではなく、『吉野』に夜明けのコーヒーを飲みに来ていたのだ。取材記者らは、健さんが停めた車の前に『吉野』があることを知らなかったようだ。スクープを狙っていた女性週刊誌にとっては、笑えない話だ。

 その後、フリーになった筆者は、今から約20年前、ビートたけしとB&Bの島田洋七の3人で食事をして飲んだ後、「『吉野』に行こう」という話になって、深夜に訪問した。

 するとそこに、和田アキ子が、取り巻きのスタッフらと一緒にいた。たけしと洋七の顔を見ると、「たけし、洋七、こっちで一緒に飲もう」と呼び捨て。たけしが不快な表情を浮かべ、同席を拒むと、和田は執拗に洋七を呼び続けた。無視するわけにもいかず、洋七が一人で和田のテーブルに挨拶に行くと、和田は、「こいつ、頭を叩くと、舌をペロッと出す。おもろいやろ」と、何度も洋七の頭を叩いた。見かねた筆者が「人の頭を殴るもんじゃない!」と抗議すると、和田はビビって店を出ていった。後味の悪い出会いだった。

 いろいろな思い出がある『吉野』。我々は“吉野のおっかあ”と呼んでいたが、映画主演で今も健在。映画は今後、8月から9月にかけて大阪で公開される予定だというが、オールドゲイボーイのたくましさをしみじみ感じた。

本多圭(ほんだ・けい)

本多圭(ほんだ・けい)

芸能取材歴30年以上、タブー知らずのベテランジャーナリスト。

サイト:記事一覧

最終更新:2020/07/28 06:30

はるな愛の監督作『mama』で注目集める「吉野のママ」と高倉健の交友録のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『鬼滅の刃』はジブリ超え大ヒットになるか?

アニメ映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の興収が公開10日間で100億円突破で『千と千尋の神隠し』超え!?
写真
人気連載

『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』レビュー

「この映画は大音量で上映すべし」  ...…
写真
インタビュー

沖縄の少年少女…性風俗でも

「琉球新報」にて2018年1月から8月まで続いた連載をまとめた、琉球新報取材班『夜を...
写真