日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > はるな愛、あの元男子との因縁

はるな愛、「りんごちゃんと共演NG」で思い出されるあの“元男子”との因縁

文=日刊サイゾー

はるな愛オフィシャルブログより

 誰かが売れれば、誰かがはじかれるのが芸能界。キャラかぶりの2人が「共演NG」となるのは必然か。

 1月6日放送の『帰れマンデー見つけ隊‼ 帰れま10』(テレビ朝日系)に、はるな愛が登場。番組ではるなの表情が曇る話題があったという。

「ロケバスで一緒だった麒麟・川島明が『最近りんごちゃんの活躍がすごいですね』と、性別不明で大ブレイク中のりんごちゃんの話題を振りました。川島は何気なく口にしたようですが、このワードにはるなは敏感に反応し、『やめて』と制止。周囲から『りんごちゃんにヤキモチ焼いている』とはやし立てられると、『今ここで言わなくても……』と語り、りんごちゃんに嫉妬しているとの指摘については否定しませんでした」(テレビ誌ライター)

 性別を超越したキャラなのは、はるなも同じ。りんごちゃんのブレイクと時を同じくして、メディア露出が激減しているようにも見えるだけに、共演NG説も真実味を帯びている。

 そんなはるなといえば、過去にもキャラかぶりのタレントとの共演NGが話題を呼んだことがある。

「共演NGに指定していたのは、モデルとして活躍し、テレビにも引っ張りだこだった椿姫彩菜です。“元男子”ながら、美しい容姿とスタイルで人気を集め、2008年に出版した自叙伝『わたし、男子校出身です。』(ポプラ社)は大ヒット。トランスジェンダーモデルの先駆けとして注目を浴びました。当時、現役女子大生だった椿姫は知性を売りにしており、その対極となる下品を売りにしていたはるなにはしばしば拒絶反応を示していた。しかし、その扱いづらい性格のせいか、14年にホリプロを退社すると、仕事は激減。現在は椿彩奈に改名してYouTuberに転身し、ゲーム実況などの動画を投稿しています」(週刊誌記者)

 “両雄並び立たず”なのを身を持って知っているはるなだけに、りんごちゃんを意識しないわけにはいかないようだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/01/21 13:04

はるな愛、「りんごちゃんと共演NG」で思い出されるあの“元男子”との因縁のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

新しい地図、地上波復帰ラッシュなるか!?

年末年始特番で話題をかっさらった3人、地上波復帰ラッシュは近い?
写真
人気連載

東京MX、違反にギャラ未払い

 昨年放送されたバラエティ番組『欲望の魂』の...…
写真
インタビュー

英語を仕事にできるか・できないか

 一言で「英語ができる」といっても色々な段階があるが、その最高峰といえるのが「仕事で...
写真