日刊サイゾー トップ > スポーツ  > Jリーグもプロ野球もチケットが売れない

Jリーグもプロ野球も悲鳴! 待望の開幕から一転「上限5000人」でもチケット売り切れない屈辱

文=日刊サイゾー

Jリーグもプロ野球も悲鳴! 待望の開幕から一転「上限5000人」でもチケット売り切れない屈辱の画像1

 待望のプロスポーツ開幕かと思いきや、国民の慎重な姿勢は思った以上だった。

 新型コロナウイルス感染拡大により、開幕が大きくずれ込んだ2020年のJリーグとプロ野球。現時点(7月30日)では、政府によるイベント開催制限により、上限5000人の観客で開催されているが、思わぬ異変が起きている。週刊誌のプロ野球担当記者がいう。

「しばらく無観客が続き、ようやく観客を入れて試合ができるようになったため、チケット争奪戦は大変なことになるかと思われましたが、楽天や日本ハムなど、チームによってはチケットが売れ残る事態になっています」(プロ野球担当記者)

 プロ野球はここ数年、来場者数が増え続けており、昨年はセ・パ両リーグの1試合あたりの入場者数が初めて3万人を突破。それだけコロナ騒動の影響は強いということか。この現象はサッカーも同様だ。フリーのサッカーライターがいう。

「Jリーグは観客を入れるようになってから4試合しかやっていませんが、チケットが売り切れない試合はかなりあります。各チームとも、熱心なファンが集まるゴール裏などは埋まっていますが、他のゾーンは寂しい試合もあります」(サッカーライター)

 外出自粛は解除されたが、東京を中心に依然として感染者数は高い数値で推移しており、大阪や愛知などでも相次いで最多人数を更新したばかり。関係者の間では、もはや諦めムードも漂っているという。

「球団関係者は当初、野球観戦に飢えた観客で混乱する事態を想定していたようですが、応援や鳴り物も禁止で、球場によってはアルコール販売も禁止。友達や恋人と球場に行っても隣同士で座れないような状況では、どうにも盛り上がらないようで、グッズの売り上げもさっぱりだそうです。8月1日に予定されていた人数制限緩和も見送られ、ある球場のスタッフは『今シーズンはもうどうしようもない』と言っていました」(前出・プロ野球担当記者)

 関係者は必死の努力を続けているが、本当なら万単位の集客力があるのに、5000枚のチケットさえ売りさばけないのは屈辱に違いない。一方ではこんな声も聞こえてきた。チームを問わず、球場で野球を楽しむのが好きな40代男性は言う。

「会場では三密を回避する取り組みが熱心に行われていますが、試合後は観客が一斉に帰るので、球場によっては帰りの電車の三密がヤバいです。とはいえ、平日のナイターでモタモタしていると、帰宅時間がどんどん遅くなってしまうので、みんなギューギューになって乗っていますよ」(40代男性)

 今のところスポーツ競技場でのクラスタが起きていないのは、関係者および来場者の努力の賜物。野球ファンもサッカーファンも、本当は球場に足を運びたいと思っているだけに、関係者は歯を食いしばって耐えるしか無さそうだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/07/31 08:00

Jリーグもプロ野球も悲鳴! 待望の開幕から一転「上限5000人」でもチケット売り切れない屈辱のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ第2波で芸能界も大混乱

新型コロナ第2波で芸能人も続々と感染…
写真
人気連載

注目のバディムービー2本レビュー

 ひとりでは事件は何も起きないが、価値観...…
写真
インタビュー

瓜田純士、実父への想いを歌う

「親父、調子はどうだ?」――ユーチューバーとして、そしてミュージシャンとして精力的...
写真