日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 日テレ・岩田アナ、局内で存在感

ポスト水卜麻美の筆頭!? 日テレ・岩田絵里奈アナ、局内で増してくる存在感

文=日刊サイゾー

日本テレビ公式サイトより

 日本テレビの局内で最近存在感を増しているのが、岩田絵里奈アナだ。

 入社3年目にして、今年4月からは同局の『沸騰ワード10』の進行役に就任し、かねてから担当している『世界まる見え!テレビ特捜部』と共に、ゴールデン帯のバラエティー番組2本に出演。局内でも“ポスト水卜麻美アナ”の最右翼として注目を集めているという。

 芸能ジャーナリストの竹上光氏は語る。

「岩田さんは、中学時代にスカウトされて大手芸能事務所スターダストプロモーションに所属し、別名義で『ももいろクローバーZ』の妹分のアイドルグループ『3Bjunior』として活躍。慶応義塾大学時代には、コンテスト自体が中止になったものの、『ミス慶應コンテスト2016』でファイナリストの6名に選ばれるなど、学生時代から知られた存在でした。もっとも、業界内ではそうした芸能人としてのキャリア以上に大沢たかおさんの元カノとしてのイメージが強く、日テレ内定時から話題になっていましたね」

 そんな岩田アナだが、ここに来ての躍進の裏には類いまれなオヤジキラーぶりがあるとか。

「同期で乃木坂46出身の市來玲奈アナも愛想はいい方ですが、岩田アナはそれ以上にとにかく愛嬌があってノリが良い。飛び抜けて美人というわけではないのですが、女子アナ特有の気取ったところがなくて接しやすく、体当たり企画も頼みやすいということで、とくに年配のバラエティー番組のプロデューサーから重宝されています。そうしたスタッフウケの良さも、“ポスト水卜アナ”と言われるゆえんでしょう」(同局の番組スタッフ)

 かつて30歳近く年の離れた大物俳優をトリコにした魔性の愛嬌はダテではないといったところか!?

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/08/01 10:30

ポスト水卜麻美の筆頭!? 日テレ・岩田絵里奈アナ、局内で増してくる存在感のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『鬼滅の刃』はジブリ超え大ヒットになるか?

アニメ映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の興収が公開10日間で100億円突破で『千と千尋の神隠し』超え!?
写真
人気連載

『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』レビュー

「この映画は大音量で上映すべし」  ...…
写真
インタビュー

『踊る大捜査線』亀山Pが映画電撃復帰!

 興収101,5億円を記録した映画『踊る大捜査線 THE MOVIE』(98)、...
写真