日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 芸人X、YouTube公式断念

今から参入はもう遅い!? お笑い芸人X、YouTube公式チャンネル「開設断念」の切実さ

文=日刊サイゾー

とんねるず・石橋貴明

 今や素人だけでなく芸人、女優まで続々と参入したYouTube。新型コロナウイルス感染拡大による仕事減少に伴い、これまで以上に芸能人による公式チャンネルの開設、運営が拡大しているが、その実情はかなり厳しいようだ。

 ある芸能プロ幹部がこう明かす。

「最近だけでもとんねるずの石橋貴明、元NEWSの手越祐也などがYouTubeに公式チャンネルを開設。自慢の愛車を披露したり、大物ゲストを出演させて対談したりととにかくやることがデカい。これまで幅を利かせていたYouTuberは、ライバル出現で完全に割を食うことになり、人知れず消えていっている人も多いようです」

 以前はYouTubeの広告単価もそれなりに高かったという話もあるが、「参加者が多いからといって単価が維持されたり、跳ね上がることは稀。CM出稿している企業自体がコロナ禍で経営面において打撃を受けており撤退したり、単価を下げたり。要は儲からなくなってきた」(同)という。

 それでも、そこそこのタレントのYouTubeデビューが芸能ニュースをわかすこともあるが……。

「金儲け以外で、タレント自身のプロモーションとして完全に割切ってやれれば、やる意味もあると思いますが、そうでなければ今から参入しても、もう遅い。実際、ローカルで自身の冠番組を持っているアラフィフのベテラン芸人Xはチャンネル開設に並々ならぬ思いを持っていたのですが、代理店関係者からそういった話を聞いて最終的に進出を断念しています。それでも、芸能人はコロナ禍で仕事が少ないので今後も参入する流れは止まらないでしょうが、アフターコロナでは、完全に下火になりそうですね」(同)

 時代の流れに乗るのも一苦労だ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/08/10 18:00

今から参入はもう遅い!? お笑い芸人X、YouTube公式チャンネル「開設断念」の切実さのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

また週刊誌上でレスバ!? 眞子さまと小室圭さんの結婚どうなる?

眞子さまとの結婚が内定している小室圭さんが自身の問題について文章を公表。その内容に賛否が渦巻いている……。
写真
人気連載

アルフィー高見沢かつら疑惑につっこみ!

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
インタビュー

倉持由香&里咲りさセルプロデュース激論

 フローエンタテインメントで社長業をしながらアーティストとしても活動している里咲りさと...
写真