日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 石橋、野球ネタの次はあの武器

石橋貴明のYouTubeが絶好調! 野球ネタの次は“もう一つの武器”で勝負か

文=日刊サイゾー

とんねるず・石橋貴明

 YouTuber・石橋貴明が注目を浴びている。

『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)のマッコイ斉藤ディレクターから提案されて、6月18日にYouTubeチャンネル『貴ちゃんねるず』を開設。当初はチャンネル登録者数1万人突破を目標としていたのが、早くも60万人を超えるほどの大成功を収めている。

「甲子園の常連・帝京高校の野球部出身だけあって、とりわけ秀逸なのが野球を題材にした投稿です。無観客で行われたプロ野球開幕試合のヤクルト対中日戦では、神宮球場を見下ろせる日本青年館のレストランという穴場を押さえて生観戦。増田明美ばりのエピソードを披露し、野球ファンを喜ばせました」(芸能ライター)

 石橋は勢いそのままに、今度は「もう一つの武器」を前面に押し出すプランも持っているという。耳打ちするのはテレビ関係者だ。

「音楽方面の企画が持ち上がっていると聞きます。石橋といえば、元SMAP・中居正広とのコンビで人気音楽番組『うたばん』(TBS系)のMCを務めていたことも記憶に新しい。そこで、YouTubeでも大物ゲストを呼んで過激トークを繰り広げる番組を立ち上げたいと考えているようです。さらに、今話題の『虹プロジェクト』を模したオーディションにも興味があるそう。振り返れば、とんねるずは80年代に伝説の番組『夕やけニャンニャン』(フジテレビ系)でブレイク。そこから排出されたのが『おニャン子クラブ』。その再現を狙っているのかもしれません」

 石橋のYouTubeチャンネルは、黄金期を知る中年層だけでなく、若者世代も多く視聴しているという。自身のテレビでの足跡をそのまま動画コンテンツに落とし込めば、チャンネル登録者数はさらに爆増か?

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/07/18 06:30

石橋貴明のYouTubeが絶好調! 野球ネタの次は“もう一つの武器”で勝負かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

NiziU 快進撃の裏にあった鬼教官動画

 メンバー決定から4カ月が経った『Nizi ...…
写真
インタビュー

蝶野正洋が教えるコロナとマスクと熱中症

 プロレス界を代表する悪役(ヒール)として活躍、現在はアパレルブランド「ARISTR...
写真