日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 千鳥・大悟、究極の“愛煙家論”に感服

千鳥・大悟「カッコいいから吸ってるだけ」 究極の“愛煙家論”に感服、DJ松永もJT松永に!?

文=寺西ジャジューカ(てらにし・じゃじゅーか)

千鳥・大悟「カッコいいから吸ってるだけ」 究極の愛煙家論に感服、DJ松永もJT松永に!?の画像1
『チャンスの時間』(AbemaTVより)

 昭和のテレビ番組(特にトーク番組)を見返すと、ギョッと驚くことがある。出演者が本番中に平気でタバコを吸っていたりするのだ。

 例えば、1987年にスタートした『鶴瓶上岡パペポTV』(読売テレビ)。番組初期、笑福亭鶴瓶と上岡龍太郎の2人はタバコを吸いながらトークしていた。そのつもりで喫煙者が見たら、恐らく一目瞭然だと思う。当時、上岡は吸っているふりをしながら、明らかにタバコをふかしていた。キザな性質を持つ彼は、キャラクター付けの1つとしてタバコをくゆらせていたのだ。

 かつてタバコは、自分を良く見せるための演出道具に成り得たということ。喫煙者が激減した令和には通用しない価値観かもしれない。

煙草と書いて「ダイナマイト」と読んでほしい

 8月5日放送の『チャンスの時間』(AbemaTV)は特別企画。MCの千鳥・大悟を講師役に据えた、題して「吸いまくり先生」が行われた。端的に言えば、愛煙家の大悟がタバコの魅力を啓蒙する授業だ。ただでさえ時代と逆行した企画なのに、JTは10月よりタバコの価格を50円ほど値上げすると発表したばかり。授業を行うにはあまりにも大胆なタイミングだ。

 講師を務める大悟は、言わずと知れたヘビースモーカーである。昨年10月からAbemaビデオ限定で配信中の『テレビ千鳥』にて、彼は都内の様々な喫煙所をリポートする「喫煙所探訪」なる企画を決行している。令和という時代において、大悟はマイノリティに属する側だろう。

「昨今、タバコを吸ってる人間が本当に減ってます。吸いにくい状態にもなってます。『吸わないほうがいいんじゃない?』っていう中、なぜ先生が吸っているか。その気持ちが今日皆さんに伝われば、最終的に『タバコを一吸い吸ってみようかな』ってなるんじゃないですかね」(大悟)

 一方、講義を受ける生徒の多くは非喫煙者である。どちらかといえばタバコを吸っていそうな雰囲気を持つアルコ&ピースの平子祐希、DJ大会「DMC WORLD DJ CHAMPIONSHIPS 2019」で優勝し“DJ世界一”の称号を得たCreepy Nuts・DJ松永の2人は、意外にもタバコ経験無しだった。“タバコ童貞”の2人は、異口同音に「タバコへの憧れはある」と認めた。

「吸ってる人って余裕ありますよね」(松永)

 講義の前から憧れがだだ漏れしている。そんな彼らだけに、タバコの魅力をプレゼンされたらイチコロに違いない。大悟は黒板に「煙草」と2文字を書き、生徒たちに質問した。

「これ、何て読むかね。……『タバコ』? 違います。煙草と書いて『ダイナマイト』と読んでほしいのね」(大悟)

 何も、根拠もなしにこんなことを言っているのではない。大悟には真意がある。

大悟 「お前らって、日常生活で火の点いたもの握ってる?」
ノブ 「たまに使うガスコンロくらいです」
大悟 「そんなの、女の子が見てカッコいいと思うかな? やっぱり、腹にダイナマイト巻いてるほうがカッコええやろ」
ノブ 「カッコよくないよ(笑)。近づくなよ、そんなヤツ」
大悟 「いいこと言ったね、ノブ君。『近づくなよ!』って凄む男に、女は近づきたくなっちゃう」

 この辺り、もっと掘り下げて話をしてみたい。タバコに憧れを持つ2人の生徒は、どうして「吸ってみたい」と思うようになったのか?

松永 「自分の周りの人はみんな吸ってるんですけど、喫煙者で交友関係の輪が広がるんです。俺は吸わないからドンドン溝が深まっていって。うちの相方(R-指定)はタバコを吸うんで喫煙所に行くんですけど、それで奥田民生と仲良くなったり、大悟さんに挨拶できたり」
ノブ 「ここのスタッフさんもそうよ。俺以外ほぼ吸うから、『1回止めます』ってなったら、みんなで喫煙所に行くの」
松永 「それ、嫌なんですよ。さみしい!」
大悟 「(突然、机を“バン!”と叩き)先生、帰ります。お前らみたいな嘘つき生徒の前で授業する必要ない!」

 大悟は怒った。彼の怒りの原因は何だ?

「さっきから嘘ばっかり出てました。美味しそうに吸ってる? 喫煙所で交友関係が広がる? ……違う! タバコをなぜ吸いたいか、みんなわかってる。それは、『タバコがカッコいいから』。これ以上でも、これ以下でもない!」(大悟)

 タバコを吸う理由はただ1つ、「カッコいいから」だと大悟は断言する。その言い切り方がすでにカッコいい。確かに、多くの喫煙者がスモーカーになる理由の大部分はそれだった。

平子 「これ、言っちゃって良かったんですね」
松永 「直で言うと恥ずかしいから、別の理由を作ってました……」
大悟 「わかる、わかる。でも先生、そんなのお見通し。そして、これは吸ってる人にも言える。いまだに僕たちは、ただただカッコいいから吸ってるだけなんです。カッコよくなくなったら、いつでもやめれます」
松永 「吸い始めの人がカッコつけてるのはわかるんですけど、長い期間吸ってる人はそういう感じじゃないんじゃないですか?」
大悟 「いや、まだまだカッコいい」

 タバコを吸いながらみんな悦に浸っているのだと、大悟は声を大にした。ある意味、これはカミングアウトだ。さらに、大悟は松永を問い詰めた。

「お前がなりたいのは本当にDJなのか。なりたいのはJTじゃないのか?」(大悟)

 大悟の檄に感化され、うっとりし始めた松永の表情。JT松永になりかけているようだ。

12

千鳥・大悟「カッコいいから吸ってるだけ」 究極の“愛煙家論”に感服、DJ松永もJT松永に!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

伊勢谷友介大麻取締法違反で逮捕の衝撃

名俳優の逮捕で、映画・ドラマにも波紋が…
写真
人気連載

あの闇サイト事件を劇映画化

「事件は早く忘れたいが、みんなには忘れて...…
写真
インタビュー

異色の警察小説大賞の著者に聞く

 新人警官が仮配置された派出所は、警邏(けいら)にも出ない、呼集にも応じない、すべて...
写真