日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 制作能力低下でテレビ離れに拍車

コロナ禍でテレビ局が抱える「分業体制」に歪み…制作能力の低下で“テレビ離れ”に拍車も

文=日刊サイゾー

イメージ画像/出典:medetai

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、長らく続いているテレビ局の制作分業体制。ここにきてその歪みが出始めているという。

 情報番組スタッフによると「人数が少ない中での番組制作自体には慣れてきた」というが、その弊害も出ている。

「最もわかりやすいのは、制作能力の低下でしょうね。うちの番組の場合、以前はADを含めてスタッフ5人で制作していたVTRを現在は2人でやらなければならないことが大半。尺(時間)を埋めるのが最優先で、クオリティは二の次。それでも在宅率が上がって視聴率は回復傾向にあるので番組責任者もあまり問題にしないのが実情です」(同)

 また、タレントのリモート出演による“実費”が減ったのも大きいと指摘。

「電車代、ケータリング代など、細かいかもしれませんがそこに人(出演者)がいないので、フォローしなくてもいいし、予算も浮きますから。これは年々、予算が減らされているなかで助かりますが今後もこの流れは絶対に続く。気づいたら、リモート出演レギュラーみたいなタレントが誕生していてもおかしくない」(同)と続ける。

 とはいえ、人を割いて番組制作をしていただけに影響はまだまだ出ている。

「複数の中継班を出したり、多種多様な演出ができなくなっているのが一番頭が痛いところ。攻めよりも守りに入ったテレビ番組が多くなれば、長期的に見ると再び視聴率低下は避けられない。“テレビ離れ”に拍車がかかってしまう」と警鐘を鳴らす。

 コロナ禍で庶民の娯楽も大きく様変わりしている。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/08/19 12:00

コロナ禍でテレビ局が抱える「分業体制」に歪み…制作能力の低下で“テレビ離れ”に拍車ものページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『半沢歌舞伎』これにて終幕!

第2シーズンも大ヒットとなったドラマ『半沢直樹』。最終回から“ロス”が止まらない!?
写真
人気連載

和田アキ子『わだ家』閉店

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、4月1...…
写真
インタビュー

蝶野正洋が教えるwithコロナ時代の防災

 プロレス界を代表する悪役(ヒール)として活躍し、現在はアパレルブランド「ARIST...
写真