日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > テレビドラマがクール撤廃の流れ

『半沢直樹』は20話見たい? コロナ禍でテレビドラマが「クール撤廃」の流れに

文=日刊サイゾー

『半沢直樹』(TBS公式サイトより)

 役者や番組スタッフにはシビアな時代になっていきそうだが……。

 コロナ禍で4月期、7月期のドラマは軒並み放送が延期になったが、それを機に今後のテレビドラマでは「クール」の概念が見直されることになるという。

「これまでドラマといえば、1月、4月、7月、10月にスタートし、10回程度が放送されるのを基本パターンとされてきました。しかし、コロナで撮影がストップし、その間を穴埋めした過去の人気作品の再放送が軒並み視聴率2桁を記録。本放送より高視聴率が取れるものですから、スポンサーも新作である必要がないと気づき始めています。最近はネット番組のオリジナルドラマのクオリティも高くなっており、コロナでスポンサー収入の激減が予想されるなか、民放各局はこれまで以上に『面白いコンテンツ』を作ることが要求されるでしょう」(テレビ関係者)

 現在放送中の『半沢直樹』(TBS系)は、視聴率が22%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)超えで推移。10回程度では物足りないと感じる視聴者も多いのではないか。前出のテレビ関係者がこう続ける。

「極端な話、視聴率が悪ければ3~4話で打ち切りとなり、逆に視聴率が良ければ、放送回数が延長されるというシステムになると見ています。高視聴率を記録したドラマは、何度でも再放送され、その都度、役者たちにギャラが支払われる。どの枠か、どんな作品か、共演は誰かなど、事務所サイドの目利きが重要になってくるでしょうね」

 テレビ局側にも、広告収入以外のメリットもある。

「最近のテレビ各局は、海外に販売してライツ収入を増やすことに力を入れています。しかし、海外ドラマは2クール以上が基本となっていて、日本の1クールドラマでは放送枠が埋まらないので売りにくかった。良作でかつ放送回数が増えれば、海外への販売は格段にしやすくなります」(前出・テレビ関係者)

『半沢直樹』がもし20話放送されたとしたら、その経済効果はとてつもない額になりそう。コロナは令和の放送様式に移行するきっかけとなるのだろうか。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/08/17 06:30

『半沢直樹』は20話見たい? コロナ禍でテレビドラマが「クール撤廃」の流れにのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「M-1 2022」いよいよ

年末恒例お笑いの祭典「M-1グランプリ」2022の決勝戦がいよいよ放送。決勝までの大会模様や今年の傾向をチェック!
写真
特集

今期は充実! 秋ドラマをチェック

『silent』『クロサギ』『エルピス』などなど…今期充実の秋ドラマをチェック
写真
人気連載

秋篠宮さま、埋めがたき親子の“距離”

今週の注目記事・1「創価学会が恐れるオウム以...…
写真
インタビュー

サウナ施設だけがサウナじゃない!

 エンターテインメント性の高さと選手たちのキ...…
写真