日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 現役タカラジェンヌのドラマ出演

現役タカラジェンヌが26年ぶりに連ドラレギュラー出演! 三浦春馬の遺作に異例抜擢の背景

文=日刊サイゾー

現役タカラジェンヌが26年ぶりに連ドラレギュラー出演! 三浦春馬の遺作に異例抜擢の背景の画像1
宝塚過激公式ホームページより

 いささか贅沢な悩みだが、あまりにも美しすぎると、それを持て余してしまうこともあるということか。

 7月に亡くなった三浦春馬の遺作となるドラマ『おカネの切れ目が恋のはじまり』(TBS系/9月スタート)で、宝塚歌劇団に在籍する星蘭ひとみが、三浦の元恋人役に抜擢された。

 現役のタカラジェンヌが連続ドラマにレギュラーとして出演するのは、NHKの朝ドラ『ぴあの』で主役を演じた純名里沙以来、26年ぶりのこと。女性週刊誌の記者は言う。

「星蘭ひとみは2015年に宝塚歌劇団に入団。すぐに良い役をもらい、順調にステップアップしていました。しかし昨年末、歌・踊り・芝居に長けたベテランが在籍する『専科』への異動が決まり、『今後は映像を中心に出演する』というアナウンスがあったため、どのような活動をするのかファンは興味津々でした。その美貌は、美人揃いの宝塚の中でも際立っており、『オードリー・ヘプバーンに似ている』とも言われるほど。今回の民放ドラマ抜擢は、どこか敷居の高い宝塚に“非宝塚ファン”を引き寄せる絶好のチャンスになりそうです」(女性芸能誌記者)

 宝塚といえば、女性が男性を演じるのが何よりの特徴だが、星蘭は娘役。それなら一般人のハードルも低そうだが、宝塚歌劇団はなぜ秘蔵の美人娘役を外の世界に放り出したのか? 宝塚ファンのライターはいう。

「たしかに星蘭のルックスは秀でており、トップスターの登竜門となる『新人公演』のヒロインを2回も務めています。ですが、率直に言って歌もダンスもタカラジェンヌの中では平均点以下という評価なんです。それは宝塚音楽学校の成績が示しており、卒業時の成績は40人中37位。芝居も上手いほうではありません。宝塚ではトップスター候補のことを『路線』と呼びますが、専科への異動は路線から外れたことを意味します。

 ただ、劇団としても、その美貌を埋もれさせるのはもったいないので、外部出演という形で活かし方を探っているのでしょう。過去の娘役トップスターで言えば、檀れいは同期の中で成績は最下位でしたし、黒木瞳も歌は酷く『ジャイアンリサイタル』などと陰口を叩かれたこともありますが、退団後にテレビ女優として開花しています。専科へ異動になった星蘭ですが、今回の連ドラで名前を売り、“その実績を引っさげてトップスターに凱旋”というストーリーだって十分にあり得ると思いますよ」(ライター)

 なにぶん前例がないだけに、今後の展開は未知数だが、とりあえず宝塚という“閉じた世界”を出た星蘭が、芸能界の毒牙にかからぬことを祈るばかりだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/08/21 12:00

現役タカラジェンヌが26年ぶりに連ドラレギュラー出演! 三浦春馬の遺作に異例抜擢の背景のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

また週刊誌上でレスバ!? 眞子さまと小室圭さんの結婚どうなる?

眞子さまとの結婚が内定している小室圭さんが自身の問題について文章を公表。その内容に賛否が渦巻いている……。
写真
人気連載

アルフィー高見沢かつら疑惑につっこみ!

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
インタビュー

中島岳志「選挙に行こう」だけでは意味がない

 2020年、コロナ禍によって世界中が大混乱に陥る中、日本では7年8カ月続いた安倍晋三...
写真