日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > キングダム作者、四角関係の不倫

『キングダム』作者、元アイドルとの不倫報道で小島瑠璃子と妻を巻き込み“四角関係”に

文=日刊サイゾー

小島瑠璃子

 群雄割拠の四角関係……さながら『キングダム』ならぬ“フリンダム”といったところか。

 8月26日の「文春オンライン」が先日、小島瑠璃子との熱愛が発覚した人気漫画『キングダム』作者の原泰久氏に“別の彼女”がいたことを報じた。

「原氏は2006年に結婚した妻との間に3人の子供がいましたが、最近になって離婚。直後に小島との交際が明るみになったため、“略奪”疑惑が浮上し、小島が激しくバッシングされる事態となっていました。しかし実際のところ、原氏の離婚は2年前から交際していた元アイドルのAさんとの不倫が原因だったようです」(芸能記者)

 小島が批判に対して「誹謗中傷は終わりにしてほしい」とツイッターに書き込むと、これにAさんが反応。直後に自身のSNSで「許せないことがあった」「誰かを傷つけたことを知らないふりにするのは無責任」と反論するなど、小島に略奪されたことに大激怒していたという。

 そして、この気になる元アイドルのAさんだが、ネット上では「文春オンライン」のヒントから原氏と番組共演の経験もあるBさんとされているようだが……。

「BさんはNHKの番組で原氏と共演しており、2013年のブログではツーショット写真と共に『謙虚で志の高い…本当に素敵な方!尊敬です』とつづっています。また、Bさんの趣味は筋トレなのですが、小島は4月のインスタグラムのライブ配信で『筋トレって世界でいちばん意味わかんないんだよね~』と語り、筋トレ好きから猛批判を食らいました。しかし、この発言も実はBさんをディスろうとしてのものだった可能性が出てきました」(前出・芸能記者)

 いまだ『キングダム』ファンの小島アレルギーは強いが、妻ではなく“彼女”からの略奪だったことで、イメージは10%ほど回復したかもしれない⁉

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/08/27 18:00

『キングダム』作者、元アイドルとの不倫報道で小島瑠璃子と妻を巻き込み“四角関係”にのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『半沢歌舞伎』これにて終幕!

第2シーズンも大ヒットとなったドラマ『半沢直樹』。最終回から“ロス”が止まらない!?
写真
人気連載

和田アキ子『わだ家』閉店

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、4月1...…
写真
インタビュー

蝶野正洋が教えるwithコロナ時代の防災

 プロレス界を代表する悪役(ヒール)として活躍し、現在はアパレルブランド「ARIST...
写真