日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > 堂本光一、オンライン公演の苦労明かす

堂本光一『SHOCK』オンライン公演なのに人数制限! ロングランの裏側に、東宝や関テレのしがらみか?

文=岩﨑対象(いわさき・たいしょう)

SHOCKは誰のもの? 東宝、関テレともしがらみか

 たしかに、オンライン公演の利点は「いつでも」「誰でも」「どこでも」公演を観られることだ。オンラインの良さを削ぐ“抽選制”を採用することについて、堂本光一のブログには明確な理由こそ書かれていなかったが、「SHOCKは制作が東宝であり、大阪公演に関しては主催が関テレです ジャニーズ事務所は絡んでいません」といった記載がされていた。

 さらに続けて「ここで問題になるのがプラットフォームです」「プラットフォームの外部委託は、その撮影した映像の権利をコントロールする事が難しく ウチの事務所としては保守的です」(原文ママ)と明かしている。これに対して、広告代理店社員はこう推測する。

「SHOCKの場合、ジャニーズがオンライン配信を仕切っても、売り上げは東宝や関テレにも取られてしまうのかもしれない。例えば、視聴者が増えて、ジャニーズ事務所がサーバー増築の費用負担をしても、利益は東宝や関テレと折半なら、ジャニーズには旨味が少ない。だから、今あるサーバーで確実に配信できるだけの視聴者に絞るのかも」

 2000年、ジャニー喜多川が帝国劇場に初めて『SHOCK』の企画を持ち込んだ時、劇場を経営する東宝は渋ったといわれている。由緒正しい劇場にジャニーズの公演など持ってくるな、と反対した経営陣もいたのかもしれない。

 しかし、今や帝国劇場の年間公演の多くはジャニーズが担っている。初日前に全公演チケットを売り捌けるジャニーズ事務所の公演は、劇場にとってはうれしいドル箱に違いない。もちろん利益を出すことは何より大事だが、ここはジャニーズ、東宝共に手を取り、コロナ禍のエンタメ業界を盛り立てる施策を設計してほしいものだ。

岩﨑対象(いわさき・たいしょう)

岩﨑対象(いわさき・たいしょう)

ジャニーズJr.の現場に通う兼業ライター。帝国劇場にある猪熊弦一郎のステンドグラスを愛している。

最終更新:2020/09/09 12:00
12

堂本光一『SHOCK』オンライン公演なのに人数制限! ロングランの裏側に、東宝や関テレのしがらみか?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

タッキー革命新章突入!? ジャニーズはどうなる?

不祥事タレントを容赦なく切り捨て、Jr.の年齢制限まで勃発…ジャニーズはどうなる!?
写真
人気連載

新進気鋭の研究者が語る情報社会の今後

通信・放送、そしてIT業界で活躍する気鋭のコンサ...…
写真
インタビュー

高畑勲、宮崎駿も闘った東映動画労使対立の真相

 大塚康生、高畑勲、宮崎駿、幾原邦彦、細田守といったアニメーターや演出家を輩出し...
写真